【医療IT関係者様必見ウェビナー】「厚生労働省の最新医療情報ガイドライン 第6.0版に求められる具体的対応とは」配信開始のご案内

バリオセキュア株式会社

From: PR TIMES

2023-08-03 18:46

厚生労働省「医療情報システムの安全管理に関するガイドライン 第6.0版」で求められるサイバーセキュリティ対策とその対応を解説

 マネージドセキュリティサービスを提供するバリオセキュア株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:稲見 吉彦、証券コード:4494、以下バリオセキュア)は、2023年8月2日~9月6日にかけてセキュリティをテーマに開催されるオンラインセミナー「ナノオプト・メディア オンライン」にて、「厚生労働省の最新医療情報ガイドライン「第6.0版」に求められる具体的対応とは」と題した医療情報システムにおけるサイバーセキュリティ対策に関する講演の配信を開始致しました。



[画像: (リンク ») ]

ウェビナー視聴URL: (リンク »)
※配信期間:2023年8月2日(水)10時~2023年9月6日(水)17時まで配信



■本ウェビナー実施の背景

昨今の医療機関等を標的としたサイバー攻撃の多様化・巧妙化や医療情報システムのクラウド利用の増加などを背景に、2023年5月31日に厚生労働省より、「医療情報システムの安全管理に関するガイドライン 第6.0版」が発表されました。

この改訂により、病院関係の皆様においては早急な対応に迫られている状況かと思います。そこでこの度、2023年8月2日~9月6日にかけてオンデマンド配信される「ナノオプト・メディア オンライン」において、医療情報システムのガイドラインから求められる具体的な対応と、いま必要なサイバーセキュリティ対策についてご案内させて頂きます。

今回は、医療情報システムをテーマとしてますが、ランサムウェアなどの標的型攻撃の脅威は病院をはじめとする医療機関のみならず、様々な業界やサプライチェーンにまで及んでいます。

医療情報システムにどのような対策が必要なのか?病院などの保険医療機関、薬局の皆様はもちろん、他業界の皆様も自社のサイバーセキュリティ対策の参考としてご覧頂ければと思います。

■ウェビナー講演内容

NANO OPT Media Online (ナノオプト・メディア オンライン) テーマ:セキュリティ

視聴方法
オンデマンド配信:下記URLより視聴登録の上、ご覧ください。
URL: (リンク »)

配信期間
2023年8月2日(水)10時~2023年9月6日(水)17時まで配信

講演タイトル
『厚生労働省の最新医療情報ガイドライン「第6.0版」に求められる具体的対応とは』

講演内容
1.医療情報システムガイドライン6.0について
2.医療機関におけるサイバーセキュリティ対策チェックリスト
3.立入検査の実施
4.弊社ソリューションのご紹介

参加費
無料

主催 / 運営
株式会社ナノオプト・メディア

講演者
バリオセキュア株式会社
営業本部 ビジネスデベロップメント部
篠原永年

講演者プロフィール
2010年、バリオセキュア株式会社に入社。ゲートウェイセキュリティ、エンドポイントセキュリティ、ランサムウェア対策など、弊社サービスを通して幅広くお客様のサイバーセキュリティ対策をご支援するプリセールスを担当。趣味の1つがトライアスロン。



■本ウェビナーでご紹介する弊社ソリューション

1:UTMの脆弱性対応&端末管理
VSR-Vario Secure Router(ファイアウォール・UTM)
VSRは、ゲートウェイにおけるファイアウォール運用に必要なパッチ適用や設定変更管理など、運用負担の少ないマネージドサービスとして実現します。
Vario-NSS(端末管理)
ゲートウェイセキュリティから社内LANに接続された情報端末と、リモート端末まで、社内外の脅威を防ぎ、ネットワークに接続された端末の検知と脆弱性をモニタリングいたします。

2:マルウェア/ランサムウェア検知:EPP/EDR+MSS(マネージドサービス)
EPP/EDR(エンドポイントセキュリティ)
検知率の高いウィズセキュア社のEPP/EDRエンジンにより、PCで実行されるプロセスの関連性やふるまいを解析し、リスクスコアを判定します。
MSS(マネージドセキュリティサービス)
EDRの運用負担を軽減するマネージド型サービスとしてサイバー攻撃を検知する。アラートメールを確認し、異常を検知した際には管理者様へのご連絡をいたします。

3:ネットワーク内の端末把握・可視化
NJC-Secure Loupe DPI フォレンジックサービス(ネットワーク通信ログ収集)
LAN内の様々な通信データをログ変換・可視化し、不正な通信の調査や影響範囲を把握します。

4:電子カルテ/PACSデータのバックアップ
VDaP-Vario Data Protect(データバックアップ)
ランサムウェア対策として複数ロケーションへバックアップを実行。管理、状況監視、障害時対応、レストア(データ復旧)支援までをワンストップで提供します。

■弊社のセキュリティサービス ラインナップ

統合型インターネットセキュリティサービス(VSR)
URL: (リンク »)

エンドポイントセキュリティ(EDR・EPP)
URL: (リンク »)

データバックアップサービス(VDaP)
URL: (リンク »)

VarioマネージドLAN / Wi-Fi
URL: (リンク »)

オールインワンセキュリティルーター(VCR)
URL: (リンク »)

ネットワーク構築サービス
URL: (リンク »)



■バリオセキュアについて

バリオセキュアは、「インターネットを利用する全ての企業が安心で快適にビジネスを遂行できるよう、日本そして世界へ全力でサービスを提供する」をミッションに、企業のセキュリティ対策を支援するセキュリティソリューションプロバイダです。

2002年より、自社開発による統合型セキュリティアプライアンス機器「VSR」を中心にマネージドセキュリティサービス(MSS)を20年以上に渡り提供し続けて参りました。

これらの技術開発や運用から得た技術力と知見を元に、国内におけるサイバーセキュリティのリーディングカンパニーとして、多様化するサイバーセキュリティの脅威から企業を守るご支援を続けて参ります。

プレスリリース提供:PR TIMES (リンク »)
本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. セキュリティ

    「デジタル・フォレンジック」から始まるセキュリティ災禍論--活用したいIT業界の防災マニュアル

  2. 運用管理

    「無線LANがつながらない」という問い合わせにAIで対応、トラブル解決の切り札とは

  3. 運用管理

    Oracle DatabaseのAzure移行時におけるポイント、移行前に確認しておきたい障害対策

  4. 運用管理

    Google Chrome ブラウザ がセキュリティを強化、ゼロトラスト移行で高まるブラウザの重要性

  5. ビジネスアプリケーション

    技術進化でさらに発展するデータサイエンス/アナリティクス、最新の6大トレンドを解説

ZDNET Japan クイックポール

所属する組織のデータ活用状況はどの段階にありますか?

NEWSLETTERS

エンタープライズコンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]