営業DXサービス「Sansan」、Sansan LabsにGPTを活用した2つの新機能を実装

Sansan株式会社

From: PR TIMES

2023-09-27 15:46

~業界動向を5分で把握、特定の経営課題を持つ企業を検索可能に~

働き方を変えるDXサービスを提供するSansan株式会社は、「Sansan Labs」に、GPTを活用した新機能を追加したことを発表します。「Sansan Labs」では、未来の働き方を体験してもらうための実験的な機能を提供しており、営業DXサービス「Sansan」のユーザーの皆さまに無料で公開しています。今回、GPTを活用した機能 第2弾として、「5分で読める業界動向」と「AI企業検索 -経営方針・経営課題-」の二つの機能を実装しました。
「5分で読める業界動向」では、GPTが業界内の企業の有価証券報告書から業界の課題や市場環境を抽出します。また、「AI企業検索 -経営方針・経営課題-」では、特定の経営方針・経営課題を持った企業を検索することができ、営業準備の業務効率化を実現します。



[画像1: (リンク ») ]

■GPT活用機能の開発背景
営業DXサービス「Sansan」内にある「Sansan Labs」は、未来の働き方を体験できる実験的な機能を提供するユーザー向けの分析ツールです。名刺交換データや財務データを活用し、営業活動の効率化や社内コラボレーションの活性化、顧客接点の分析などに役立つ全20機能を公開しています。
当社の研究開発部では、昨今、世界的な盛り上がりを見せる生成AI領域においても機能開発を積極的に推進しており、2023年5月にはSansan Labsでは初となるGPTを活用した新機能をリリース(※1)しました。そして今回、Sansanのユーザーコミュニティー「Sansan User Forum」(※2)でのヒアリングから多く要望が寄せられた機能を含めた二つの新機能を実装しました。

■機能概要

・5分で読める業界動向
検索したい業界を選択すると、業界内の企業の有価証券報告書から、業界の課題や市場環境に関する内容を抽出し、要約して表示する機能です。また、業界内の売上高ランキングを最大10社表示し、Sansan上で企業詳細を確認、さらに「5分で読める有価証券報告書」機能から有価証券報告書の要約を閲覧することが可能です。
営業活動におけるターゲット業界の選定や商談前の情報収集では、コーポレートサイトや業界紙で直近の動きを確認したり、検索エンジンで関連ワードを検索したりといった事前準備が重要です。本機能を活用することで、業界ごとの外部環境や課題、見通しをすぐに把握することができ、営業準備の業務効率化を実現します。

[画像2: (リンク ») ]


・AI企業検索 -経営方針・経営課題-
特定の経営方針・経営課題を持った企業を検索する機能です。例えば、「SDGsに注力している企業」や「DXを推進する製造業の企業」と入力すると、GPTが有価証券報告書の内容を分析・検索して該当の記述がある企業をリストアップします。
通常、自社の製品・サービスを売り込むために、潜在顧客にヒアリングを行って課題を抽出したり、ウェブサイトなどの公開情報から顧客課題を分析したりしようとすると時間と手間がかかります。本機能では、有価証券報告書の内容をGPTが分析することで、自社の製品・サービスと適合する経営方針・経営課題を持つ企業のリストが簡単に作成できます。これにより、営業戦略を精緻化するとともに、営業アプローチのためのリスト作成にかかる工数を削減することができます。

[画像3: (リンク ») ]


*上記二つの機能はマイクロソフト社が提供するAzure OpenAI Serviceを利用しています。
*Sansan Labsの機能については、Sansan Innovation Navi「Sansan Labsで、未来の働き方を体験する vol.3 ~AI活用編~」からもご覧いただけます。
(リンク »)

※1:Sansan株式会社「営業DXサービス『Sansan』、Sansan LabsにGPTを活用した新機能を追加 ~セミナー集客メールの自動生成、有価証券報告書の要約が可能に~」(2023年5月29日発表)
(リンク »)
※2:「Sansan User Forum」の詳細はこちらからご覧ください。
(リンク »)

(以上)

■営業を強くするデータベース「Sansan」
Sansanは、名刺管理を超えた営業DXサービスです。名刺やメールの署名、ウェブフォームの入力内容といった顧客との接点から得られる情報を正確にデータ化し、やりとりの回数を含めた接点情報の一元管理を可能にします。また、100万件以上の企業情報をあらかじめ搭載し、企業の業種や従業員規模、売上高、役職者情報といった、あらゆる顧客に関する情報を営業やマーケティング活動に活用できます。さらに、外部システムと連携しデータを統合させることで、ガバナンス強化やリスクマネジメントなど営業以外の目的でデータを幅広く活用することも後押しします。

■Sansan株式会社 会社概要
「出会いからイノベーションを生み出す」をミッションとして掲げ、働き方を変えるDXサービスを提供しています。主なサービスとして、営業DXサービス「Sansan」や名刺アプリ「Eight」、インボイス管理サービス「Bill One」、契約DXサービス「Contract One」を国内外で提供しています。

設立:2007年6月11日
URL: (リンク »)
所在地:150-0001 東京都渋谷区神宮前5-52-2 青山オーバルビル13F
資本金:65億82百万円(2023年5月31日時点)
事業内容:働き方を変えるDXサービスの企画・開発・販売
Sansan   (リンク »)
Eight   (リンク »)
Bill One   (リンク »)
Contract One  (リンク »)

プレスリリース提供:PR TIMES (リンク »)
本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]