電気通信大学、Akamaiのクラウドサービスでストレージ長期保存の課題を軽減

アカマイ・テクノロジーズ合同会社

From: PR TIMES

2023-10-03 11:16

アカマイ・テクノロジーズ合同会社(本社:東京都中央区、職務執行者社長:日隈 寛和、以下「Akamai」)は、国立大学法人 電気通信大学(※1)(東京都調布市、学長:田野 俊一、以下「電通大」)が、Akamai のクラウドコンピューティング(※2)を活用し、ストレージ保存の課題の軽減に取り組んでいると発表しました。
※1: (リンク »)
※2: (リンク »)



[画像: (リンク ») ]

高度な先端科学技術の教育研究機関として知られる電通大は、情報・電気・通信を中核としつつ、物理工学・材料科学、生命科学、光科学、エレクトロニクス、ロボティクス、機械工学、メディアなど、理工学の基礎から応用まで、広範な分野での教育と研究を行っています。

電通大では日々膨大な量の研究データを蓄積しており、今後さらに爆発的に増えていくであろう研究データを長期保存するにあたり、大容量で安価なクラウドストレージサービスが必要と考えていました。複数社のサービスと比較検討する中で、Akamai のクラウドコンピューティングの1ヶ月間無償検証を利用し、Akamai のクラウドコンピューティングのS3互換マネージドオブジェクトストレージとGakuNin RDM (国立情報学研究所(NII) が提供し、研究者が研究データや関連資料を管理・共有するために利用している、研究データ管理サービス)との互換性の検証を行いました。この検証により、Akamai のクラウドコンピューティングのS3互換マネージドオブジェクトストレージがGakuNin RDMのS3互換ストレージとして接続可能であることが確認できたことから、電通大は、同サービスが研究データ長期保存のための選択肢の一つになると考えています。

更なる一歩として
電通大はLinux系OSを利用していますが、大きな課題にOSディストリビューションのライフタイムの終了への対応があります。それをきっかけにアプリケーションのポータビリティの確保のために、Kubernetes (K8s)に着目しています。K8sは、複数のクラウドプロバイダーとオンプレミス環境で動作し、コンテナ化された環境の上でアプリケーションをどこでも実行できるようにすることができるため、ベンダーロックインのリスクを軽減できます。
学内基盤にあるオンプレミス環境でK8sが稼働した際は、将来的にIaaS基盤とシームレスに繋げたいと考えています。

これが実現できれば、同大はマルチプラットフォームのK8sが有効活用できるようになり、高可用性とコストメリットを最大限に発揮できるだろうと期待しています。

製品の詳細はこちら
(リンク »)
(リンク »)

Akamai Technologiesについて:
Akamaiはオンラインライフの力となり、守っています。世界中のトップ企業がAkamaiを選び、安全なデジタル体験を構築して提供することで、毎日、いつでもどこでも、世界中の人々の人生をより豊かにしています。広範に分散したエッジおよびクラウドプラットフォームであるAkamai Connected Cloudは、アプリと体験をユーザーに近づけ、脅威を遠ざけます。Akamaiのクラウドコンピューティング、セキュリティ、コンテンツデリバリーの各ソリューションの詳細については、akamai.com/jaおよびakamai.com/blogをご覧いただくか、Twitterと LinkedInでAkamai Technologiesをフォローしてください。

※AkamaiとAkamaiロゴは、Akamai Technologies Inc.の商標または登録商標です
※その他、記載されている会社名ならびに組織名は、各社の商標または登録商標です
※本プレスリリースの内容は、個別の事例に基づくものであり、個々の状況により変動しうるものです

プレスリリース提供:PR TIMES (リンク »)
本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. セキュリティ

    「デジタル・フォレンジック」から始まるセキュリティ災禍論--活用したいIT業界の防災マニュアル

  2. 運用管理

    「無線LANがつながらない」という問い合わせにAIで対応、トラブル解決の切り札とは

  3. 運用管理

    Oracle DatabaseのAzure移行時におけるポイント、移行前に確認しておきたい障害対策

  4. 運用管理

    Google Chrome ブラウザ がセキュリティを強化、ゼロトラスト移行で高まるブラウザの重要性

  5. ビジネスアプリケーション

    技術進化でさらに発展するデータサイエンス/アナリティクス、最新の6大トレンドを解説

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]