アドビ、最新のAI技術を搭載した、より強力で高精度なAdobe Creative Cloudの主要アップデートを発表

アドビ株式会社

From: PR TIMES

2023-10-11 11:16

・Adobe Creative Cloudの主力アプリケーションであるAdobe Illustrator、Adobe Photoshop、Adobe Express、Adobe StockにAdobe Firefly搭載の新機能を追加し、web版による制作ワークフローを提供
・Adobe Illustratorの新たな生成AI機能「テキストからベクター生成」(ベータ版)により、ベクターイラストレーションおよびパターンの迅速かつパワフルな作成が可能に
・Adobe Lightroomに「ぼかし(レンズ)」や新しいモバイル編集体験などAIを搭載した新しい写真編集機能が登場



アドビ(Nasdaq: ADBE)(本社:米国カリフォルニア州サンノゼ、以下アドビ)は本日、クリエイターの祭典であるAdobe MAX 2023において、クリエイティブプロフェッショナルの制作のパワーと精度を劇的に向上させる、Adobe Creative Cloud全体にわたる100以上の技術革新や主要アップデートを発表しました。生成AIを含む各種AIを搭載した新機能の数々が、Adobe Illustrator、Adobe Photoshop、Adobe Lightroom、Adobe Premiere Pro、Adobe After Effects、Adobe StockなどのAdobe Creative Cloudアプリケーションを変革し、あらゆる人がクリエイティブなビジョンを想像力のスピードそのままに実現できるようにします。

[動画: (リンク ») ]


Adobe Photoshopの生成AI機能「生成塗りつぶし」の一般提供に続き、アドビはAdobe Firefly搭載の「テキストからベクター生成」(ベータ版)機能をAdobe Illustratorに導入し、Adobe Expressには「生成塗りつぶし」を搭載するとともに新機能「テキストからテンプレート生成」(ベータ版)を活用した新しいワークフローを実現しました。その他のAdobe Creative Cloud製品のアップデートには、Adobe Illustratorの新機能「モックアップ」(ベータ版)ならびに「Retype」(ベータ版)と「レビュー用に共有」の強化、Adobe Lightroomの「ぼかし(レンズ)」をはじめとするAI搭載新機能の追加ならびにAdobe Lightroomモバイル版の合理化された新しい画像編集エクスペリエンスなどが含まれます。ロトブラシのAIは、クリエイティブワークフローの中核に深く統合されたときに最も力を発揮します。

今回のアップデートでは、「Adobe Firefly Image 2 Model」、「Adobe Firefly Vector Model」、「Adobe Firefly Design Model」が各新機能に搭載されています。これらの新しいAIモデルは、アドビ独自の生成AI技術であり、商用利用にも安心なコンテンツを生成するように設計されています。

アドビのデジタルメディア担当シニア バイス プレジデント アシュリー スティル(Ashley Still)は、次のように述べています。「Adobe FireflyとAIのパワーをクリエイティブのワークフローに直接組み込むことで、当社のビジネスのあらゆるセグメントにおいて、クリエイティビティの新時代を切り開くことができました。Webでのワークフローを進化させ、アイデアの発想と表現の促進、時間の節約を実現する新たなアプローチを提供し、ユーザーの皆さんのクリエイティビティを促進するため、Adobe Creative CloudにAIを活用した数多くの新機能を導入できることを嬉しく思います。」

Adobe Creative Cloudのアップデート概要
アドビは過去10年にわたり、数多くのAIイノベーションのパイオニアとして、Adobe Creative Cloud、Adobe Document Cloud、Adobe Experience Cloudに何百ものAI搭載機能を導入してきました。本日発表したアップデートはさらなるパワー、精度、スピード、使いやすさであらゆるクリエイティブワークフローを強化し、Adobe Creative Cloudメンバーに重要な新しい価値をもたらします。

Adobe Firefly
「Adobe Firefly Image 2 Model」:次世代の画像生成AIとして、Adobe Fireflyのクリエイティブコントロールと画像生成の品質を大幅に向上させ、商用利用にも安心なコンテンツを生成

「Adobe Firefly Vector Model」:アドビ独自のベクターグラフィックス用の生成AIモデル。Adobe Fireflyが扱えるメディアタイプをさらに拡張するとともに、Adobe Illustratorの新機能「テキストからベクター生成」(ベータ版)に実装

「Adobe Firefly Design Model」:Adobe Expressで編集可能な「テキストからテンプレート生成」(ベータ版)機能により、高品質のテンプレートデザインを瞬時に生成

Adobe Firefly web版の生成AI機能「テキストから画像生成」の強化:「生成Match」は、ユーザーが指定した画像のスタイルで画像を新規生成する機能で、同じスタイルを複数の画像に適用することも可能。「写真設定」は、画像生成に関する新しいクリエイティブコントロールをユーザーに提供し、「プロンプト候補」は、入力したプロンプトに対する改善を提示します。さらに、「Adobe Fireflyからライブラリに保存して共有」を使うことで、ユーザー同士のコラボレーションや異なるアプリ間のワークフロー連携を促進


Adobe Illustrator
「テキストからベクター生成」(ベータ版):Adobe Fireflyを搭載した新機能。シンプルなテキストプロンプトから、さまざまなアイコン、シーン、パターンなど、編集可能な高品質のベクターグラフィックスをすばやく簡単に生成。インスピレーションを得たり、ムードボードを作成したり、マーケティングや広告用のグラフィックを作成するのに最適

その他アップデート:Adobe Fontsから類似のフォントをすばやく識別して編集可能なテキストにする「Retype」(ベータ版)や、画像やグラフィックをリアルな外観の商品写真やブランディング用のモックアップにすばやく変換できる「モックアップ」(ベータ版)といった新機能の導入。また、コラボレーションやフィードバックの交換をこれまで以上にすばやく行える「レビュー用に共有」の機能強化を含む

直感的で精密なデザインツールを駆使し、スキルレベルを問わずに思い描くあらゆるものを形にできるブラウザベースのツール、Adobe Illustrator web版(ベータ版)が新たに登場


Adobe Photoshop
初代モデルのAdobe Firefly搭載の生成塗りつぶしは、過去に搭載された機能と比較して10倍の普及率を誇り、現在もクリエイターにインスピレーションを与え続け、商用利用にも安心な設計で、5月のベータ版のリリース以来30億枚以上の画像を生成

WebブラウザからAdobe Photoshopのパワーと精度にアクセスできる、Adobe Firefly搭載のAdobe Photoshop web版が一般提供され、Google Chromebook Plusデバイス ( (リンク ») ) でも利用可能に


Adobe Express(プレミアムプラン)
AIファーストの思想で設計されたAdobe Expressに生成AIを搭載した新機能「生成塗りつぶし」と「テキストからテンプレート生成」(ベータ版)を導入し、より強力なAIパワーでクリエイターの創造的表現に革命を

Adobe Fireflyは 日本語を含む100以上の言語のテキストプロンプトをサポートしており、世界中のユーザーは、商用利用にも安心な設計で、好みの言語に合わせた素晴らしいコンテンツがすべてAdobe Express内で作成可能。また、新しい「翻訳」機能により、45以上の言語で効率的にクリエイティブ内のコピーや文言のローカライズができるように

学生向けに作られた新しい描画機能やドローイングテンプレートで、鉛筆、水彩などの描画表現や、花やハートなどの装飾ブラシを使った制作が可能に


Adobe Lightroom
高価なカメラレンズを使わなくても写真のあらゆる部分に簡単に美しいぼかし効果を適用できる「ぼかし(レンズ)」などのAIを活用した新機能により、ワークフローがよりシームレスになり、あらゆるデバイスで誰もがより直感的に編集可能に

Adobe Lightroomモバイル版に最適化されたまったく新しい編集エクスペリエンスでは、ツールバーが合理化され、人気のある機能が優先的に表示されるため、スマートフォンでの写真編集がより速く、より直感的に

その他アップデート:Adobe Lightroomエコシステム全体にわたるアップデートが実装。より明るいハイライト、より深いシャドウ、実物のような鮮やかなカラーで写真を編集し、書き出せるようにする「HDRに最適化」、フォトグラファーがより正確かつ高精度なカラー調整を行えるようにする「ポイントカラー」など。アドビが取り組むデジタルコンテンツの透明性をさらに促進するべく、コンテンツクレデンシャル機能がより多くのファイル形式に対応


Adobe Premiere Pro、Adobe After Effects、Frame.io
Adobe Premiere Pro(ベータ版)でFacebook、YouTube、TikTokに直接動画を公開することが可能に:Adobe Premiere Proには、SNSの投稿で一般的に使用されているサイズとレイアウトに適したテンプレートが収録されており、動画やリールの作成や編集、SNSプラットフォームへの直接投稿を素早く行うことが可能に。また、ユーザーは、品質やランクを落とすことなく、投稿を作成し、キャプション、ハッシュタグ、キーワードを追加し、Adobe Premiere Proから直接投稿が可能

AI搭載のAdobe Premiere Proの「文字起こしベースの編集」およびAfter Effectsの「ロトブラシ」の機能強化:ユーザーはより強力なクリエイティブの力を身につけ、まったく新しいアプローチで実験、発想、制作が可能に

Frame.io「レビュー用に共有」(ベータ版):Adobe Premiere Proの「共有」ボタンをクリックするだけで直感的にFrame.ioにアクセスができるようになり、コンテンツの共有とコラボレーションがより迅速に

Adobe Premiere Proのタイムラインのパフォーマンスが5倍高速化し、より高速でスムーズな編集が可能になったほか、新しいカラー環境設定とトーンマッピングの強化により、より簡単に美しいカラーを表現可能に


Adobe Stock
シンプルなテキストプロンプトでコンセプト文を魅力的なビジュアルに変換する「テキストから画像生成」と、数クリックで画像の背景を拡張したりアスペクト比を変更したりできる「生成拡張」の導入により、Adobe Fireflyを活用した新しいワークフローが実現。これにより、画像編集プロセスは合理化され、美しい画像が数クリックで作成可能に

新機能「ビデオテンプレート」の追加:ビデオテンプレートは、Adobe Premiere Pro、After Effects、モーショングラフィックスのテンプレートを集めた新しいビデオテンプレートコレクション。Adobe Stockのコレクションには、ビデオ、ミュージックトラック、写真、イラスト、ベクター、ビデオおよびグラフィックテンプレート、3Dアセットなど、3億5,500万点以上の高品質でロイヤリティフリーのアセットを収録



※当資料は、2023年10月10日に米国本社から発表されたプレスリリースの抄訳です。

■「アドビ」について
アドビは、「世界を動かすデジタル体験を」をミッションとして、 3つのクラウドソリューションで、優れた顧客体験を提供できるよう企業・個人のお客様を支援しています。 Creative Cloud( (リンク ») )は、写真、デザイン、ビデオ、 web、 UXなどのための20以上の デスクトップアプリやモバイルアプリ、サービスを提供しています。 Document Cloud( (リンク ») )では、デジタル文書の作成、編集、共有、スキャン、署名が簡単にでき、デバイスに関わらず文書のやり取りと共同作業が安全に行えます。 Experience Cloud( (リンク ») )は、コンテンツ管理、パーソナライゼーション、データ分析、コマースに対し、顧客ロイヤルティおよび企業の長期的な成功を推進する優れた顧客体験の提供を支援しています。これら製品、サービスの多くで、アドビの人工知能(AI)と機械学習のプラットフォームであるAdobe Sensei( (リンク ») )を活用しています。

アドビ株式会社は米Adobe Inc.の日本法人です。日本市場においては、人々の創造性を解放するデジタルトランスフォーメーションを推進するため、「心、おどる、デジタル」というビジョンのもと、心にひびく、社会がつながる、幸せなデジタル社会の実現を目指します。
アドビに関する詳細な情報は、webサイト( (リンク ») )をご覧ください。

(C) 2023 Adobe Inc. All rights reserved. Adobe and the Adobe logo are either registered trademarks or trademarks of Adobe in the United States and/or other countries. All other trademarks are the property of their respective owners.

プレスリリース提供:PR TIMES (リンク »)
本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

アドビ株式会社の関連情報

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. セキュリティ

    「デジタル・フォレンジック」から始まるセキュリティ災禍論--活用したいIT業界の防災マニュアル

  2. 運用管理

    「無線LANがつながらない」という問い合わせにAIで対応、トラブル解決の切り札とは

  3. 運用管理

    Oracle DatabaseのAzure移行時におけるポイント、移行前に確認しておきたい障害対策

  4. 運用管理

    Google Chrome ブラウザ がセキュリティを強化、ゼロトラスト移行で高まるブラウザの重要性

  5. ビジネスアプリケーション

    技術進化でさらに発展するデータサイエンス/アナリティクス、最新の6大トレンドを解説

ZDNET Japan クイックポール

所属する組織のデータ活用状況はどの段階にありますか?

NEWSLETTERS

エンタープライズコンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]