スリーシェイク、EGセキュアソリューションズと相互リセール契約を締結

株式会社スリーシェイク

2023-10-16 15:00

SREおよびセキュリティのプロフェッショナル集団である、株式会社スリーシェイク(本社:東京都新宿区、代表取締役社長:吉田 拓真、以下スリーシェイク)は、EGセキュアソリューションズ株式会社(本社:東京都港区、代表取締役:高谷 康久、以下​​EGセキュアソリューションズ)と、セキュリティソリューションの相互リセール契約を締結したことをお知らせいたします。
この度の相互リセール契約をもとに、EGセキュアソリューションズのソフトウェア型WAF「SiteGuardシリーズ」と、スリーシェイクの「Securify Webアプリケーション診断」を、共同でのセキュリティソリューションとして提供して参ります。これにより、企業は、より包括的で効果的なセキュリティ対策を一つの統合ソリューションとして導入することが可能になります。
サービスサイト: (リンク »)

近年、サイバー攻撃の急速な進化とリモートワークの普及に伴い、企業は甚大なセキュリティリスクに直面しています。リスクに備えるために、システムの脆弱性の早期発見と迅速な対応力が企業に求められており、堅牢なセキュリティ対策が今まで以上に重要となっています。

EGセキュアソリューションズが提供する「SiteGuardシリーズ」は、国内トップシェアクラスの純国産WAF製品であり、ウェブアプリケーションの脆弱性を悪用した様々な攻撃から保護する役割を果たします。リアルタイムで外部からの攻撃を精確に検知し、即座に阻止する強固な防御機能を提供しています。
一方で、スリーシェイクが提供する「Securify Webアプリケーション診断」は、企業のウェブアプリケーションの脆弱性を効率的に発見し、脆弱性の解説を日本語で提供するとともに、検出されたエンドポイントの表示を行う自動脆弱性診断ツールです。継続的なセキュリティ評価を実現し、脆弱性を未然に特定・修正することで、予防的なセキュリティ管理の役割を果たします。
「SiteGuardシリーズ」及び「Securify Webアプリケーション診断」を組み合わせることにより、企業はセキュリティ脅威からの防衛と未来の潜在的なリスクへの対策を一層効果的に実施することが可能となります。

今後、スリーシェイクとEGセキュアソリューションズは、企業がより安全で効果的なセキュリティ環境を構築できるよう、これら2つの製品を活用した統合的なセキュリティソリューションの開発に尽力して参ります。

サービスサイト: (リンク »)

■導入実績100万サイト以上「SiteGuardシリーズ」 とは
ウェブサイトの脆弱性を悪用した攻撃を防御するソリューションとして、官公庁や金融機関をはじめとした大企業から個人向けホスティングサービスまで、幅広い導入実績をもつ国内トップシェアクラスの純国産WAF(Web Application Firewall)製品です。かんたん導入・運用お任せのクラウド型「SiteGuard Cloud Edition」、インストールタイプでカスタマイズ性に優れたソフトウェア型(ホスト型WAF「SiteGuard Server Edition」、ゲートウェイ型「SiteGuard Proxy Edition」)の3製品を展開しています。
サービスサイト: (リンク »)

■自動脆弱性診断ツール「Securify Webアプリケーション診断」 とは
Securify Webアプリケーション診断は、手軽に社内でセキュリティ診断を実施できるツールとして、学校や医療法人、ベンチャーから大手企業まで、分野、規模を問わず幅広く導入されています。セキュリティ専門知識がない人でも利用可能なシンプルで操作性の高いUIと、豊富な診断項目、わかりやすいレポートによって、ウェブアプリケーションの持続的なセキュリティレベル向上を支援します。
サービスサイト: (リンク »)

■EGセキュアソリューションズ について
EGセキュアソリューションズは、サイバーセキュリティ対策のプロフェッショナル集団として、ウェブアプリケーションの脆弱性診断、情報セキュリティ・情報システムに関する監査、コンサルティング、教育などインターネットセキュリティにおける課題解決を目的としたサービスを幅広く提供しており、近年は有効なセキュリティ対策の一つとしてWAF製品の開発・提供に注力しております。

会社名:EGセキュアソリューションズ株式会社
本社 :東京都港区虎ノ門1-2-8 虎ノ門琴平タワー8F
代表者:代表取締役 高谷 康久
創立:2008年4月
URL: (リンク »)
事業内容:
1. 情報セキュリティ、情報システムに関する監査、コンサルティング
2. 情報セキュリティに関する調査、研究、執筆
3. 情報セキュリティ関連の教育及びコンテンツ制作
4. セキュリティ製品の開発、販売、サポート


【株式会社スリーシェイク】
スリーシェイクは、ITインフラ領域の技術力に強みをもつテクノロジーカンパニーです。2015年の創業から提供しているSREコンサルティング事業「Sreake(スリーク)」では、AWS/Google Cloud/Kubernetesに精通したプロフェッショナルが技術戦略から設計・開発・運用を一貫してサポートしています。またSRE領域で培ったノウハウをベースに、2020年4月にノーコード型ETLツール「Reckoner(レコナー)」を提供開始し、ビジネス分析やマーケティングへのビックデータ活用を簡易に実現可能としました。以後、フリーランスエンジニア特化型人材紹介サービス「Relance(リランス)」やセキュリティサービス「Securify(セキュリファイ)」を提供開始し、DX時代における技術戦略設計からセキュアなアプリケーション開発、データ活用までを一貫提供可能な体制を進めています。

会社名 :株式会社スリーシェイク
代表者 :代表取締役社長 吉田 拓真
所在地 :東京都新宿区大京町22-1 グランファースト新宿御苑
事業内容 :SRE特化型コンサルティング事業「Sreake(スリーク)」運営( (リンク ») )
セキュリティサービス「Securify(セキュリファイ)」運営 ( (リンク ») )
ノーコード型ETLツール「Reckoner(レコナー)」開発・運営 ( (リンク ») )
フリーランスエンジニア特化型人材紹介サービス「Relance(リランス)」開発・運営 ( (リンク ») )
会社HP : (リンク »)
本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

株式会社スリーシェイクの関連情報

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. セキュリティ

    「デジタル・フォレンジック」から始まるセキュリティ災禍論--活用したいIT業界の防災マニュアル

  2. 運用管理

    「無線LANがつながらない」という問い合わせにAIで対応、トラブル解決の切り札とは

  3. 運用管理

    Oracle DatabaseのAzure移行時におけるポイント、移行前に確認しておきたい障害対策

  4. 運用管理

    Google Chrome ブラウザ がセキュリティを強化、ゼロトラスト移行で高まるブラウザの重要性

  5. ビジネスアプリケーション

    技術進化でさらに発展するデータサイエンス/アナリティクス、最新の6大トレンドを解説

ZDNET Japan クイックポール

所属する組織のデータ活用状況はどの段階にありますか?

NEWSLETTERS

エンタープライズコンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]