北大阪急行線延伸事業における市負担の事業費282億円の財源を全額確保~ボートレース事業の収益増加により、全額確保の時期が27年短縮~

箕面市役所

2023-10-12 14:00

箕面市は、令和6年3月23日(土曜日)に開業する北大阪急行線延伸の整備事業(以下「北急延伸事業」という。)において、ボートレース事業からの追加繰入により、市負担の事業費282億円の財源確保が完了しました。 財源確保の完了により、北急延伸事業のための借入金を全額繰上償還することとし、総額約1.6億円の利子負担を軽減します。
1.概要
箕面市は、令和6年3月23日(土曜日)に開業する北急延伸事業において、ボートレース事業会計からの追加繰入金約12.7億円を活用し、北急延伸事業債を繰上償還する補正予算を市議会第3回定例会に提案していたところ、10月6日に可決されました。
この追加繰入金により、市負担の事業費282億円の財源について、当初計画では令和32年度に確保完了の見込みでしたが、今年度に全額確保できることとなりました。また、繰上償還の実施により、北急延伸事業債の借入総額92.2億円は完済となります。

2.補正予算概要
【歳出】
・公債費繰上償還事業 3,991,540千円
・公債費繰上償還補償事業 62,194千円
・公債費元金償還事務事業 ▲126,838千円
・公債費利子償還事務事業 ▲2,001千円
【歳入】
・北大阪急行南北線延伸整備基金繰入金 2,655,650千円
・ボートレース事業会計繰入金 1,269,245千円

3.繰上償還の財政効果
今回の繰上償還を実施することによる利子負担軽減効果は約6千万円と見込んでおり、令和4年度に実施した繰上償還の効果(約1億円)と合わせて、合計で約1.6億円の利子負担を軽減します。

【参考】北急延伸事業の事業費負担内訳
事業費総額 874億円
・国 382億円
・箕面市 282億円
・大阪府 100億円
・北大阪急行電鉄株式会社 110億円
※箕面市の負担282億円については、これまでに積み立てた北大阪急行南北線延伸整備基金とボートレース収益金のみで賄うことを平成26年に箕面市財政運営基本条例でルール化

問い合わせ先
総務部 財政経営室
TEL 072-724-6708(直通)
本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]