【グラッドキューブ】新サービスの企業化に関するお知らせ

株式会社グラッドキューブ

From: DreamNews

2023-12-05 13:00

株式会社グラッドキューブ(本社:大阪市中央区 代表取締役 CEO 金島 弘樹 以下:グラッドキューブ)は、「データ × AI の力で世界中のプラットフォームとなる」をビジョンに掲げ、データ解析力を強みとした幅広い事業を展開する株式会社グラッドキューブ(本社:大阪市中央区、代表取締役 CEO 金島 弘樹)は、2023年11月9日付で、パーソナライズされた動画の自動生成技術の開発(以下、「ソリューションサービス」という)について、特許出願をいたしましたのでお知らせいたします。


■企業化に至るまでの経緯
当社は、2023年9月19日付「事業の一部譲受に向けた決議に関するお知らせ」のとおり、2023年10月24日付で workhouse 株式会社の一部の事業譲受をいたしました。この一部の事業譲受により、AI 領域におけるコア人材を確保し新たな技術力を獲得することとなり、新たなプロダクト開発やAI 領域における研究開発を行ってまいりました。
今回の開発は、この度の一部の事業譲受により生まれた成果であり、今後の事業拡大への貢献に大きく期待できるソリューションサービスとなります。


■新サービスの概要
動画を視聴したユーザーの趣味嗜好等の特定の情報を取得し、そのユーザーの興味関心にあったパーソナライズ動画広告( CM )を自動的に生成するソリューションサービス(特許出願中)です。
ユーザーは自身の興味関心に合った動画広告( CM )が配信されるため、効率的に必要な情報を得られます。また、企業側はユーザーに対し効率よく情報発信ができ、最適なユーザーにピンポイントで動画広告( CM )の配信をすることが可能となります。また動画や静止画、テキストを動的に各個人情報やクリックされたデータなどを分析してAIで動的に動画を作ったり、静止画の画像を動画静止画AIのエンジンを活用して作る仕組みも今回実装しております。


(具体的な事業展開について)
(1)全世界の動画配信事業者に対するソリューションサービスの提供
 動画のサブスクリプションサービスなどの提供を行っている動画配信事業者に対して、パーソナライズされた動画広告( CM )の配信が可能となるソリューションサービスの提供を行います。動画配信事業者は、動画配信システムの中に本ソリューションサービスを取り入れることにより、広告収入を得ることができます。すでに米国の動画配信事業社との交渉を始めております。

(2)国内の大手広告代理店および動画広告事業者に対するソリューションサービスの提供
 現在の動画広告( CM )は固定化された内容で不特定多数のユーザーに対し、パーソナライズされていない動画広告( CM )を行っています。
これらの事業者に対して、本ソリューションサービスを提供することにより、精度の高いターゲティングで動画広告( CM )の配信することができ、付加価値サービスとして更なる収益源の獲得が可能となります。

(3)当社既存事業のマーケティングとして活用
 当社の事業内容は、AIを搭載したオールインワン LPO ツール「 SiTest(サイテスト)」を提供する SaaS 事業、多くの受賞実績を誇るインターネット広告運用代行のマーケティングソリューション事業、AI による勝敗予想を展開するスポーツメディア「 SPAIA (スパイア)」を開発・運営する SPAIA 事業の3事業を展開しており、データ解析力を強みとした幅広い事業を展開しております。
それぞれの事業に関連する YouTube 等の動画を閲覧したユーザーに対して、自社製品に関する動画広告( CM )を自動生成し、精度の高いターゲティングで動画広告( CM )の配信することができ、販売促進につなげることができます。


■販売開始日程
販売開始時期の詳細については未定でございます。なお、来期のサービス提供に向け準備を進めております。


■新製品の売上高への影響/新サービスの企業化のために支出する費用
今期における売上高への影響および支出する費用は軽微でございます。
なお、来期に本ソリューションサービスのローチンを実現し、当社の主力の事業として成長させていきたく考えております。当社の来期以降の業績に与える影響については、今後の収益向上に大きく期待できる開発案件となりますが、公表すべき事項が生じた場合には速やかにお知らせいたします。



■株式会社グラッドキューブ(証券コード:9561)について
当社の事業内容は、AI 搭載のウェブマーケテイング支援プロダクトを提供する SaaS 事業、インターネット広告運用代行のマーケティングソリューション事業、AI による勝敗予想を展開するスポーツメディア「 SPAIA (スパイア)」 を開発・運営する SPAIA 事業、顧客課題を解決するための企画提案型受託開発事業です。データ解析力と開発力を強みとした幅広い事業を展開しています。

所在地 :大阪府大阪市中央区瓦町2-4-7 新瓦町ビル8F
代表者名:代表取締役 CEO 金島 弘樹
事業内容:SaaS 事業・マーケティングソリューション事業・ SPAIA 事業
公式HP : (リンク »)

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. セキュリティ

    「デジタル・フォレンジック」から始まるセキュリティ災禍論--活用したいIT業界の防災マニュアル

  2. 運用管理

    「無線LANがつながらない」という問い合わせにAIで対応、トラブル解決の切り札とは

  3. 運用管理

    Oracle DatabaseのAzure移行時におけるポイント、移行前に確認しておきたい障害対策

  4. 運用管理

    Google Chrome ブラウザ がセキュリティを強化、ゼロトラスト移行で高まるブラウザの重要性

  5. ビジネスアプリケーション

    技術進化でさらに発展するデータサイエンス/アナリティクス、最新の6大トレンドを解説

ZDNET Japan クイックポール

注目している大規模言語モデル(LLM)を教えてください

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]