初学者向けIPv6解説コラム第4回「IPv6ヘッダの各フィールド」

一般社団法人日本ネットワーク技術者協会

2023-12-11 09:00

一般社団法人日本ネットワーク技術者協会はコラム「初学者向けIPv6解説コラム第4回「IPv6ヘッダの各フィールド」」を公開しました。
###

こんにちは、小澤です。

今回も、教科書「プロフェッショナルIPv6」に従って解説していきます。今回は、IPv6パケット、特にIPv6ヘッダの構成について取り上げます。教科書では「4.1 IPv6ヘッダの各フィールド」(93ページ〜103ページ)の部分です。IPv6の挙動を理解するためには、IPv6ヘッダのフォーマットと各フィールドの意味を把握することが重要です。

なお、「プロフェッショナルIPv6」の電子書籍は無償でダウンロードできます。以下をご覧ください。

(リンク »)

IPv6パケットの主要な構成
まず、IPv6パケットの主要な構成要素について説明することにしましょう。IPv6パケットは主に3つの部分から構成されます。

1. IPv6ヘッダ(基本ヘッダ)

IPv6ヘッダには、送信元および宛先のIPv6アドレス、トラフィッククラス、ペイロード長などのIPv6パケットの制御情報が含まれています。

この続きは以下をご覧ください
(リンク »)
本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

ZDNET Japan クイックポール

自社にとって最大のセキュリティ脅威は何ですか

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]