LogStareが三谷商事、Veeamと共催で大学特有のシステム事情からMicrosoft 365の運用リスクを解説するセミナーを開催

株式会社LogStare(ログステア)

From: valuepress

2023-12-21 15:00

LogStare、三谷商事、Veeamの3社が共催で『大学ばかり狙われるのは理由がある! Microsoft 365 セキュリティの落とし穴 徹底解説講座』を開催する。大学をはじめ文教系の情報システム担当者を主な対象に、大学特有のシステム事情によるセキュリティリスクや望ましい対策を解説。1月25日(木)14時から、参加費は無料。

セキュリティ運用のプラットフォーマー、株式会社LogStare(読み:ログステア、本社:東京都中央区、代表取締役:米今政臣、以下LogStare)は、Microsoft 365の運用における大学特有のセキュリティリスクを解説するオンラインセミナー『大学ばかり狙われるのは理由がある! ​Microsoft 365 セキュリティの落とし穴 徹底解説講座』を開催します。
大学をはじめ文教系のシステム構築・運用の実績を数多く持つSIベンダー、三谷商事株式会社およびデータ保護ソフトウェアを開発するヴィーム・ソフトウェア株式会社との共催で、2024年1月25日14時開講、大学の情報システム担当者をはじめ文教関係者を主な対象とし、無料で受講できます。


[資料: (リンク ») ]

近年、大学など教育機関でのセキュリティ事件・事故が増えています。​攻撃者は民間企業と異なる大学特有のシステム事情に着目し、偵察行動を経てIDとパスワードを奪取。盗んだIDとパスワードを使って学内システムに侵入します。
このような背景から、大学などの教育機関の情報システム担当者を主な対象に、何故大学が狙われるのか、学内システムのどこに脆弱性があり、どのような対策が必要なのかを解説するオンラインセミナー『大学ばかり狙われるのは理由がある! ​Microsoft 365 セキュリティの落とし穴 徹底解説講座』を開催する運びとなりました。
大学をはじめ文教系のシステム構築・運用の実績とノウハウを数多く持つ三谷商事、歴22年のSOC(Security Operation Center)事業者を親会社に持つLogStare、データ保護市場のサービスプロバイダーとして世界No.1(IDC「Semiannual Software Tracker, 2022H2」による)に選ばれたヴィーム・ソフトウェアの3社がそれぞれの経験やユーザー事例から、いま大学に求められるセキュリティ対策を紹介、受講者はこのセミナーを通じて文教系のシステム運用、特にMicrosoft 365のセキュリティ運用における注意点や対策方法を学ぶことができます。
2024年1月25日14時から開講し、受講料は無料です。

LogStareはこのセミナーを通じ、クラウド化によって益々複雑化する企業のIT環境の運用課題とその解決策を受講者に伝えるとともに、次世代を担うITエンジニアの育成を支援し、国内のサイバーセキュリティ水準の向上に貢献して参ります。

開催概要

日時:2024/1/25(木)14:00~15:00
講座名:大学ばかり狙われるのは理由がある!​ Microsoft 365 セキュリティの落とし穴 徹底解説講座
場所:オンライン
定員:60名
主催:株式会社LogStare
共催:三谷商事株式会社、ヴィーム・ソフトウェア株式会社
対象:大学や専門学校等の教育機関の情報システム担当、ネットワーク担当
お申し込みはこちら▼
(リンク »)

プログラム

✓ 大学特有のシステム事情から見るセキュリティリスクの傾向と対策
✓  導入事例から見る学内システムの"利用状況の可視化"の重要性
✓ 狙われても慌てない! 事件事故に備えたデータ保護
✓ 質疑応答、各種ご案内
※プログラムは予告なく変更することがございますのでご了承ください
----------

株式会社LogStareについて

2020年8月に株式会社セキュアヴェイル(証券コード:3042)の出資によって設立。AIによる高精度なログ管理・ログ監視を提供する、純国産のマネージド・セキュリティ・プラットフォーム「LogStare」シリーズを開発、販売するソフトウェアメーカー。LogStareはSOC事業者やデータセンター事業者をはじめ、公共文教、民間企業のさまざまな業種で4800社以上の導入実績を誇ります。

「LogStare」シリーズについて

次世代のマネージド・セキュリティ・プラットフォーム「LogStare」は、2001年の創業時からSOC(Security Operation Center)サービスを提供し続ける親会社、株式会社セキュアヴェイル(本社:大阪市北区、代表取締役社長:米今政臣、証券コード:3042、以下セキュアヴェイル)の監修のもと、LogStareが独自開発する純国産のSaaS型ログ分析・セキュリティ運用プラットフォームです。
クラウドからオンプレミスまであらゆるIT製品を対象に、企業内で発生するあらゆるログ、監視データを一元管理し、日々のネットワーク監視、インシデト発生時の原因分析、AIによる将来予測を一気通貫で実現することでお客様のシステム運用を支援します。
----------

※記載されている会社名および商品名は、各社の登録商標または商標です。
※本プレスリリースの内容に関するお問い合わせは下記までお願いします。
 株式会社LogStare PR担当
 TEL : 03-6264-2472 Email: info@logstare.com

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

ZDNET Japan クイックポール

注目している大規模言語モデル(LLM)を教えてください

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]