国際会議「第6回スキンマイクロバイオーム・化粧品学会:欧州」(Global Engage Ltd.主催)の参加申し込み受付開始

株式会社グローバルインフォメーション

2023-12-25 15:00

先端分野の市場情報を提供する株式会社グローバルインフォメーション(神奈川県川崎市、代表取締役社長:樋口荘祐)は、2024年4月23~24日にオランダ、ロッテルダムで開催されるGlobal Engage Ltd.主催の国際会議「6th Skin Microbiome & Cosmeceuticals Congress: Europe-第6回スキンマイクロバイオーム・化粧品学会:欧州-」の代理店として、参加申し込みの受付を12月25日より開始しました。
2023年のSkin Microbiome & Cosmeceuticals Congress: Europeでは、急成長しつつあるスキンマイクロバイオームの研究や、様々な皮膚疾患 (アトピー性皮膚炎、乾癬、湿疹、ニキビ、アレルギー、創傷、美容、頭皮、免疫系、アンチエイジングなど)を対象としたケーススタディを取り上げました。また、 こうした疾患と闘うために開発されたマイクロバイオームベース製品の治験の進捗状況も紹介されました。

6th Skin Microbiome & Cosmeceuticals Congress: Europeは、12th Microbiome & Probiotic R&D & Business Collaboration Forum: Europe と同時開催になります。 この会議は、研究成果を臨床試験やマイクロバイオーム対応製品により良い形で反映させるための産学間の新たなコラボレーションが生まれるような卓越したネットワーキングの経験を提供することで定評があります。

参加のメリット

・皮膚用美容治療がニキビのdysbiosisに及ぼす影響の分析
・顔の微生物叢の複雑な生息環境が、一部のスキンケア製品の設計に及ぼす影響の理解
・初期段階のマイクロバイオーム・プロジェクトから、後期段階の医薬品開発プログラムへ移行する方法
・スキンマイクロバイオームと化粧品革命についての討論
・スキンマイクロバイオームに対する化粧品成分や製剤の有効性を同定・検証するための、新しい方法論についての検討
・スキンケアに生じているパラダイムシフトの分析
・新製品を市場に送り出すための、既存の提携関係を基礎とした新たな協力関係の構築
・口頭のフラッシュプレゼンテーションつきポスター発表の機会
・魅力的なネットワーキングとドリンクレセプションへの参加
・大手企業による発表(Bayer Consumer Health、Coty inc、Evonik、L’Oreal、Pierre Fabre Dermocosmeticsなど)

講演者
(リンク »)

※当日のスケジュールや発表内容は予告なく変更になる場合があります。ご了承ください。

<6th Skin Microbiome & Cosmeceuticals Congress: Europeの概要/お申し込み>
会議:「6th Skin Microbiome & Cosmeceuticals Congress: Europe
-第6回スキンマイクロバイオーム・化粧品学会:欧州-」
開催日:2024年4月23~24日
開催地:オランダ、ロッテルダム
概要、お申し込みはこちら: (リンク »)
6th Skin Microbiome & Cosmeceuticals Congress: Europeにご参加希望の方は、お早めにお申し込みください。

【本件に関するお問い合わせ先】
Global Engage Ltd.代理店
株式会社グローバルインフォメーション
お問い合わせフォーム: (リンク »)
TEL:044-952-0102(9:00-18:00 土日・祝日を除く)
URL: (リンク »)

このプレスリリースの付帯情報

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. セキュリティ

    「デジタル・フォレンジック」から始まるセキュリティ災禍論--活用したいIT業界の防災マニュアル

  2. 運用管理

    「無線LANがつながらない」という問い合わせにAIで対応、トラブル解決の切り札とは

  3. 運用管理

    Oracle DatabaseのAzure移行時におけるポイント、移行前に確認しておきたい障害対策

  4. 運用管理

    Google Chrome ブラウザ がセキュリティを強化、ゼロトラスト移行で高まるブラウザの重要性

  5. ビジネスアプリケーション

    技術進化でさらに発展するデータサイエンス/アナリティクス、最新の6大トレンドを解説

ZDNET Japan クイックポール

注目している大規模言語モデル(LLM)を教えてください

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]