脆弱性診断ツール「VAddy」の株式会社ビットフォレスト、情報セキュリティマネジメントシステム(ISMS)を取得

株式会社ビットフォレスト

2024-01-24 11:00

株式会社ビットフォレスト(所在地:東京都千代田区、代表取締役:高尾 都季一、以下 ビットフォレスト)は、クラウド型Web脆弱性診断ツール「VAddy」において、2023年12月25日付けで情報セキュリティマネジメントシステム認証(ISMS)およびISMSクラウドセキュリティ認証(ISMS-CLS)を取得しました。

これは2010年6月に取得したプライバシーマーク認証に続く、第三者認証の取得となります。第三者機関による認証の取得は通過点に過ぎません。ビットフォレストはVAddyをさらに安心してご利用いただくための改善を続け、『誰でも使えるWeb脆弱性診断ツール』のデファクトスタンダードを目指していきます。


■今回取得したISMS認証の概要

情報セキュリティマネジメントシステム認証(ISMS)
審査基準  JIS Q 27001:2023 (ISO/IEC 27001:2022)
認証番号  IR0173
認証組織  株式会社ビットフォレスト
認証範囲  SaaS型Web アプリケーション脆弱性診断ツールの開発・運用

ISMSクラウドセキュリティ認証(ISMS-CLS)
審査基準  JIP ISMS517 1.0
      JIS Q 27017:2016 (ISO/IEC 27017:2015) (CLS 管理策のガイドライン)
認証番号  CL0173
認証組織  株式会社ビットフォレスト
       (リンク »)
認証範囲  クラウドサービスカスタマ:
      ・データ保管業務として「Amazon Web Services」 の利用(IaaS)
      ・データ保管業務として「Google Cloud Platform」の利用(SaaS)
      ・クレジットカード決済代行サービスとして「Stripe」の利用(SaaS)

      クラウドサービスプロバイダ:
      ・SaaS型Webアプリケーション脆弱性診断ツール「VAddy」の提供


■クラウド型Web脆弱性診断VAddyのセキュリティ対策について
第三者機関による認証を含めたVAddyのセキュリティ対策については下記のページで随時公開しています。

セキュリティ
(リンク »)


■クラウド型Web脆弱性診断ツール「VAddy」について
「VAddy」は クラウド型 WAF(Web Application Firewall)国内市場売上シェアNo.1(*)を誇る「Scutum(スキュータム)」の開発チームが開発した、今もっとも手軽で高速な純国産のクラウド型 Webアプリケーション脆弱性診断ツールです。

従来の脆弱性診断ツールのように導入前トレーニングや複雑な設定作業を必要とせず、簡単なブラウザ操作だけで未経験者でも最短10分で初回の検査を開始できる手軽さが支持され、数人規模のスタートアップ企業から数万人規模の大企業まで幅広く利用されています。


●本文内でご紹介したビットフォレスト製品について
VAddy公式Webサイト : (リンク »)
Scutum公式Webサイト: (リンク »)

*2010年度から2021年度の実績
(リンク »)


■企業情報
【ビットフォレストについて】
URL   : (リンク »)
社名  : 株式会社ビットフォレスト
代表者 : 代表取締役 高尾 都季一
事業内容: Webアプリケーションセキュリティ製品の開発、販売
取扱製品: クラウド型Web脆弱性診断ツール「VAddy」
      (リンク »)
      クラウド型Webアプリケーションファイアウォール「Scutum」
      (リンク »)
      クラウド型Webアクセスログ分析ツール「Loggol」
      (リンク »)

●お問い合わせ
株式会社ビットフォレスト VAddy事業部
担当     : 西野
メールアドレス: info@vaddy.net
本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. セキュリティ

    「デジタル・フォレンジック」から始まるセキュリティ災禍論--活用したいIT業界の防災マニュアル

  2. 運用管理

    「無線LANがつながらない」という問い合わせにAIで対応、トラブル解決の切り札とは

  3. 運用管理

    Oracle DatabaseのAzure移行時におけるポイント、移行前に確認しておきたい障害対策

  4. 運用管理

    Google Chrome ブラウザ がセキュリティを強化、ゼロトラスト移行で高まるブラウザの重要性

  5. ビジネスアプリケーション

    技術進化でさらに発展するデータサイエンス/アナリティクス、最新の6大トレンドを解説

ZDNET Japan クイックポール

所属する組織のデータ活用状況はどの段階にありますか?

NEWSLETTERS

エンタープライズコンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]