漁の市場規模、2028年に9165億米ドル到達見込み

株式会社グローバルインフォメーション

2024-02-13 09:00

株式会社グローバルインフォメーション(所在地:神奈川県川崎市、代表者:樋口荘祐、証券コード:東証スタンダード 4171)は、市場調査レポート「漁の世界市場レポート 2024年」(The Business Research Company)の販売を2月9日より開始いたしました。
【 当レポートの詳細目次 】
(リンク »)

漁は、フライフィッシング、ベイトキャスティング、スピニング、トローリング、パドルやオール、帆で推進するボートを使用するその他の方法など、様々な技術を使用して魚を捕獲する活動やビジネスを包含しています。

主な漁法には、ポットやトラップ、ライン&ポール、大型ネット、シングルライン・トローリングなどがあります。ポット・アンド・トラップは、網や構造物を使って魚を囲いの中に誘導し、魚が出にくいようにするものです。この方法は、アサリ、コイ、マグロ、サケ、イカ、エビ、頭足類、地魚など、さまざまな種を捕獲するために、川、湖、海などさまざまな場所で採用されています。漁獲された魚は、オンラインとオフラインの両方のチャネルを通じて流通し、個人消費者、クラブ、スポーツ主催者をエンドユーザーとしています。

漁の市場規模は近年力強く成長しています。2023年の6569億6000万米ドルからCAGR7.0%で成長し、2024年には7030億6000万米ドルに達する見込みです。漁の歴史的な成長は、文化的・伝統的慣習、産業への経済的依存、水産物に対する世界的な需要、この分野を支援する政府の政策や規制、観光やレクリエーション・フィッシングの影響などの要因によるものです。

漁の市場規模は、今後数年間で力強い成長が見込まれます。2028年にはCAGR6.9%で9165億米ドルに達する見込みです。水産業の成長予測は、持続可能な漁の採用、気候変動が漁の生態系に与える影響、エコ認証やラベルの重要性、世界的な人口増加、持続可能な水産物に対する消費者の需要の高まりなどが要因として挙げられます。今後の注目すべき動向としては、漁具のカスタマイズ化、ソーシャルメディアが漁動向に与える影響、スマートフィッシング技術の導入、家族向けの漁体験の重視、フィッシングツーリズムの世界的拡大などが挙げられます。

シーフード消費の急増は、今後のフィッシング市場成長の原動力になることが予想されます。水産物には、魚からエビやタコまで、個人が消費するさまざまな水生種が含まれます。漁は水産物を入手するための主要なソースとして機能し、それによって市場を拡大し、水生食物の入手しやすさを向上させます。例えば、経済協力開発機構(OECD)が発表した「OECD-FAO Agricultural Outlook 2020-2029」によると、世界の魚類生産量は2029年までに2,500万トン(14%)増加し、2億トンに達すると予測されています。これは、水産養殖の生産量の増加が予想されることを示しており、捕獲部門を上回る1億500万トンを生み出し、捕獲部門を1000万トン上回ります。その結果、魚油と魚粉を生産するための魚廃棄物の利用が増加し、総生産量はそれぞれ10%と17%増加すると考えられます。水産物消費の増加は漁市場の成長の起爆剤となります。




【 無料サンプル 】
当レポートの無料サンプルは、こちらからお申し込みいただけます。
(リンク »)

【本件に関するお問い合わせ先】
<アジア最大の市場調査レポート販売代理店>
株式会社グローバルインフォメーション
マーケティング部
お問い合わせフォーム: (リンク »)
TEL:044-952-0102(9:00-18:00 土日・祝日を除く)
URL: (リンク »)

【会社概要】
1995年の創立以来、海外市場調査レポートの販売を通じて企業のグローバル展開を支援しています。世界5カ国に拠点を持ち、海外の提携調査会社200社以上が発行する調査資料約15万点をワンストップでご提供。市場情報販売のグローバル・リーディングカンパニーを目指し、企業ならびに社会の発展に寄与すべく、お客様にとって真に価値ある情報をお届けしています。

創立:1995年
所在地:215-0004 神奈川県川崎市麻生区万福寺1-2-3 アーシスビル7F
事業内容:市場調査レポート/年間契約型情報サービスの販売、委託調査の受託、国際会議の代理販売
市場調査レポート/年間契約型情報サービス: (リンク »)
委託調査: (リンク »)
国際会議: (リンク »)

当社は、2020年12月24日に東京証券取引所へ上場いたしました(東証スタンダード市場:4171)。
本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. セキュリティ

    「デジタル・フォレンジック」から始まるセキュリティ災禍論--活用したいIT業界の防災マニュアル

  2. 運用管理

    「無線LANがつながらない」という問い合わせにAIで対応、トラブル解決の切り札とは

  3. 運用管理

    Oracle DatabaseのAzure移行時におけるポイント、移行前に確認しておきたい障害対策

  4. 運用管理

    Google Chrome ブラウザ がセキュリティを強化、ゼロトラスト移行で高まるブラウザの重要性

  5. ビジネスアプリケーション

    技術進化でさらに発展するデータサイエンス/アナリティクス、最新の6大トレンドを解説

ZDNET Japan クイックポール

注目している大規模言語モデル(LLM)を教えてください

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]