導電性インク市場- 成長、将来展望、競合分析、2023年~2031年

株式会社グローバルインフォメーション

2024-02-22 18:00

株式会社グローバルインフォメーション(所在地:神奈川県川崎市、代表者:樋口 荘祐、証券コード:東証スタンダード 4171)は、市場調査レポート「導電性インク市場- 成長、将来展望、競合分析、2023年~2031年」(Acute Market Reports)の販売を2月22日より開始いたしました。
【当レポートの詳細目次】
(リンク »)

導電性インク市場は様々な産業で極めて重要な役割を果たし、高度な電子アプリケーションのソリューションを提供しています。導電性インク市場は、2024年から2032年の予測期間中にCAGR 6.2%で成長すると予測されています。太陽光発電、自動車システム、電子機器などのエレクトロニクス・アプリケーションの促進に業界が取り組んでいることは、市場を形成する促進要因と動向からも明らかです。誘電体インクにおける課題は、最適な性能を達成するための障害を克服するための継続的な研究開発の必要性を強調しています。セグメンテーションでは、市場の世界の性質に寄与する多様な用途と地域動向が紹介されています。競合情勢では、業界リーダーが技術革新を推進し、市場の軌道を形成しています。市場が2024年から2032年の予測期間に移行するにつれて、導電性インク産業は継続的な成長と進化を遂げる態勢を整え、世界中のエレクトロニクス技術の進歩に重要な役割を果たしています。

太陽光発電アプリケーションの需要拡大:太陽エネルギー統合の証拠

導電性インク市場は、太陽光発電アプリケーションの需要拡大により、大きく成長しています。太陽電池製造における導電性インクの統合が急増し、再生可能エネルギーソリューションの拡大に貢献しています。2023年には、デュポンやヘンケルといった市場の主要企業が、太陽電池パネルの製造に使用される導電性銀インクの売上増加を報告しており、この動向は明らかでした。2024年から2032年までの年間平均成長率(CAGR)が最も高いのは太陽光発電用途で、これは太陽エネルギーソリューションへの持続的な注力を示しています。この推進力は、持続可能なエネルギー源に対する世界の需要に対応する業界のコミットメントを強調するものであり、導電性インクは太陽光発電技術の効率向上に重要な役割を果たしています。

自動車用途での採用拡大:自動車の電子部品に革命を起こす

導電性インク市場は、車載アプリケーションにおける導電性インクの採用増加により、著しい上昇を遂げています。2023年には、サンケミカルやクリエイティブマテリアルズなどの主要企業が、車載エレクトロニクス用フレキシブル回路の製造に使用される導電性銅インクの売上増加を報告しています。この原動力は、自動車産業がタッチスクリーン、センサー、照明システムなど、導電性インクを利用した電子部品にシフトしていることです。2024年から2032年までの予測期間中、最もCAGRが高いのは自動車アプリケーションであり、自動車内の電子システムに革命をもたらす導電性インクの極めて重要な役割が強調されています。この 促進要因は、高度なエレクトロニクス技術を採用する自動車セクターの変革が進行していることを強調しています。

プリント基板需要の急増:電子デバイス製造を牽引するイノベーション

導電性インク市場ではプリント基板(PCB)の需要が急増し、電子デバイス製造の重要な促進要因となっています。2023年、NovaCentrix社やApplied Ink Solutions社などの業界大手は、高性能PCBの製造に使用される導電性ポリマーやカーボン/グラフェンインクの売上増加を報告しています。この原動力は、スマートフォン、タブレット、ウェアラブル技術などの電子機器の継続的な技術革新であり、これらはすべて高度なPCBに依存しています。2024年から2032年までの予測期間中、CAGRが最も高いのはプリント基板カテゴリであり、これは電子デバイス製造の進歩における導電性インクの中心的役割を示しています。この推進力は、最先端のソリューションを通じて電子機器メーカーの進化するニーズに応えるという業界のコミットメントを強調するものです。


【無料サンプル】
(リンク »)

【本件に関するお問い合わせ先】
<アジア最大の市場調査レポート販売代理店>
株式会社グローバルインフォメーション
マーケティング部
お問い合わせフォーム: (リンク »)
TEL:044-952-0102(9:00-18:00 土日・祝日を除く)
URL: (リンク »)

【会社概要】
1995年の創立以来、海外市場調査レポートの販売を通じて企業のグローバル展開を支援しています。世界5カ国に拠点を持ち、海外の提携調査会社200社以上が発行する調査資料約15万点をワンストップでご提供。市場情報販売のグローバル・リーディングカンパニーを目指し、企業ならびに社会の発展に寄与すべく、お客様にとって真に価値ある情報をお届けしています。

創立:1995年
所在地:215-0004 神奈川県川崎市麻生区万福寺1-2-3 アーシスビル7F
事業内容:市場調査レポート/年間契約型情報サービスの販売、委託調査の受託
市場調査レポート/年間契約型情報サービス: (リンク »)
委託調査: (リンク »)
国際会議: (リンク »)

当社は、2020年12月24日に東京証券取引所へ上場いたしました(東証スタンダード市場:4171)。
本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. セキュリティ

    「デジタル・フォレンジック」から始まるセキュリティ災禍論--活用したいIT業界の防災マニュアル

  2. 運用管理

    「無線LANがつながらない」という問い合わせにAIで対応、トラブル解決の切り札とは

  3. 運用管理

    Oracle DatabaseのAzure移行時におけるポイント、移行前に確認しておきたい障害対策

  4. 運用管理

    Google Chrome ブラウザ がセキュリティを強化、ゼロトラスト移行で高まるブラウザの重要性

  5. ビジネスアプリケーション

    技術進化でさらに発展するデータサイエンス/アナリティクス、最新の6大トレンドを解説

ZDNET Japan クイックポール

注目している大規模言語モデル(LLM)を教えてください

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]