水耕栽培市場- 成長、将来展望、競合分析、2023年~2031年

株式会社グローバルインフォメーション

2024-02-22 18:00

株式会社グローバルインフォメーション(所在地:神奈川県川崎市、代表者:樋口 荘祐、証券コード:東証スタンダード 4171)は、市場調査レポート「水耕栽培市場- 成長、将来展望、競合分析、2023年~2031年」(Acute Market Reports)の販売を2月22日より開始いたしました。
【当レポートの詳細目次】
(リンク »)

水耕栽培市場は、業界情勢を再構築した様々な要因によって、2024年から2032年の予測期間中にCAGR 14%で成長すると予測されています。水耕栽培市場は、技術の進歩、無肥料農業へのシフト、消費者の嗜好の変化などにより、大幅な成長が見込まれています。しかし、市場の持続的拡大には、限られた認知度や教育といった課題への対処が不可欠です。業界の発展に伴い、戦略的提携、調査投資、地理的拡大が今後数年間も水耕栽培市場を形成していくと思われます。投資の増加は最先端の水耕栽培ソリューションの導入につながり、製品提供の面で競争優位性をもたらします。2024年から2032年にかけて予想される研究開発イニシアチブは、持続可能性、自動化、精密農業に焦点を当てる。

技術の進歩と革新

技術の進歩は、水耕栽培市場を前進させる上で極めて重要な役割を果たしています。自動栄養供給やセンサーによるモニタリングなど、水耕栽培システムにおける革新は効率と作物収量を向上させています。例えば、モノのインターネット(IoT)デバイスの統合により、生産者は環境変数を遠隔監視・制御し、植物の生育条件を最適化することができます。こうした技術的進歩は、作業を合理化するだけでなく、資源の浪費を最小限に抑えることで持続可能性にも貢献しています。

無肥料農業の採用増加

無肥料農業(特に水耕栽培)の採用が増加していることは、市場の成長を促進する重要な要因です。水耕栽培システムは、栄養レベル、pH、その他の成長因子の正確な管理を可能にする制御された環境を提供し、より高い収量とより早い作物サイクルをもたらします。無肥料栽培の需要は、効率的な土地利用、節水、耕作不可能な地域での作物栽培の必要性によって推進されています。より多くの農家が水耕栽培の利点を認識するにつれて、市場は継続的に拡大する態勢が整っています。

新鮮な農産物に対する消費者の嗜好の高まり

新鮮で地元産の農産物に対する消費者の嗜好の変化が、水耕栽培作物の人気を高めています。水耕栽培では、減農薬で野菜やハーブを栽培することができ、環境への影響も軽減されます。消費者は食品の原産地と品質に対する意識を高めており、水耕栽培農産物の需要を牽引しています。この原動力は、食品の安全性を確保し、化学物質の投入を最小限に抑えるという、管理された環境の利点に対する意識の高まりによって強化されています。

限られた認識と教育

プラスの勢いにもかかわらず、水耕栽培市場が直面する主な抑制要因は、潜在的な生産者の認識と教育が限定的であることです。多くの伝統的な農家は水耕栽培システムの複雑さに精通していないため、この栽培方法を採用することに躊躇しています。神話を払拭し、サクセスストーリーを紹介し、水耕栽培の長期的なメリットを強調するためには、教育と普及活動が重要になるため、この認知度の低さが市場成長の妨げとなっています。


【無料サンプル】
(リンク »)

【本件に関するお問い合わせ先】
<アジア最大の市場調査レポート販売代理店>
株式会社グローバルインフォメーション
マーケティング部
お問い合わせフォーム: (リンク »)
TEL:044-952-0102(9:00-18:00 土日・祝日を除く)
URL: (リンク »)

【会社概要】
1995年の創立以来、海外市場調査レポートの販売を通じて企業のグローバル展開を支援しています。世界5カ国に拠点を持ち、海外の提携調査会社200社以上が発行する調査資料約15万点をワンストップでご提供。市場情報販売のグローバル・リーディングカンパニーを目指し、企業ならびに社会の発展に寄与すべく、お客様にとって真に価値ある情報をお届けしています。

創立:1995年
所在地:215-0004 神奈川県川崎市麻生区万福寺1-2-3 アーシスビル7F
事業内容:市場調査レポート/年間契約型情報サービスの販売、委託調査の受託
市場調査レポート/年間契約型情報サービス: (リンク »)
委託調査: (リンク »)
国際会議: (リンク »)

当社は、2020年12月24日に東京証券取引所へ上場いたしました(東証スタンダード市場:4171)。
本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. セキュリティ

    「デジタル・フォレンジック」から始まるセキュリティ災禍論--活用したいIT業界の防災マニュアル

  2. 運用管理

    「無線LANがつながらない」という問い合わせにAIで対応、トラブル解決の切り札とは

  3. 運用管理

    Oracle DatabaseのAzure移行時におけるポイント、移行前に確認しておきたい障害対策

  4. 運用管理

    Google Chrome ブラウザ がセキュリティを強化、ゼロトラスト移行で高まるブラウザの重要性

  5. ビジネスアプリケーション

    技術進化でさらに発展するデータサイエンス/アナリティクス、最新の6大トレンドを解説

ZDNET Japan クイックポール

注目している大規模言語モデル(LLM)を教えてください

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]