“Saucony”史上最速のランニングシューズシリーズよりあらゆる機能性を高め圧倒的な進化を遂げた2つの新モデルが登場

株式会社エービーシー・マート

From: PR TIMES

2024-02-22 17:47

「Endorphin Pro 4」・「Endorphin Speed 4」2024年2月29日(木)発売

 株式会社エービーシー・マート(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:野口実)が国内総代理店を務めるアメリカ最古のアスレチックブランド「Saucony(サッカニー)」は、大人気のランニングシューズ“Endorphin”シリーズより、さらなる進化を遂げた新モデル「Endorphin Pro 4(エンドルフィン・プロ)」と「Endorphin Speed 4(エンドルフィン・スピード) 」の2モデルを2月29日(木)より販売開始します。

●サイトURL: (リンク »)



[画像1: (リンク ») ]

ブランドを代表するランニングシューズ“Endorphin”シリーズから2モデル新登場


 「Saucony」を代表するランニングシューズ “Endorphin(エンドルフィン)”シリーズは、大切なレースの日や負けられないレースの日などランナーの想いに寄り添い、競争のために必要な機能を細部までこだわって設計したモデルを多数展開してきました。
 今回は、ブランド史上最速のランニングシューズとして2020年に登場した「Endorphin Pro」に加え、トレーニングからレース本番まで幅広く対応する「Endorphin Speed」の2モデルから、それぞれ第4世代が新たに登場します。各モデルともに、細部をさらにアップデートさせ、より快適かつ効率的にエネルギーを活用することで、本格的な走りをサポートできるようになりました

【「Endorphin Pro 4」の特徴】
[画像2: (リンク ») ]

●進化したソール構造
 ミッドソールは、中足部の幅を広くすることでバランスの取れた走りを実現。新たにバネのような性質を持つ「PWRRUN HG」と衝撃吸収性に優れた「PWRRUN PB」の二重構造を採用し、前作に比べてクッション性や反発力が格段に向上しています。
 また、カーボン素材で優れた耐摩耗性と地面を掴む力を発揮するアウトソールは、格子状のデザインにすることで、シューズ全体の軽量化も実現。幅も広げているため安定感もアップし、サポート力も強化されました。

[画像3: (リンク ») ]

●快適なメッシュアッパーと新しいソックライナー
 通気性に優れたメッシュ素材に、薄くて柔らかいフラットニットのシュータンを組み合わせ、靴下を履いているようなフィット感と軽い履き心地を提供。長時間の着用でも蒸れにくく快適性を持続させます。
 さらに、ソックライナーは「PWRRUN+」と「EVA」で構成されている今作から新たに登場した「SRS(Super Responsive Sockliner)」に変わっており、履き心地も抜群です。



[画像4: (リンク ») ]

【「Endorphin Speed 4」の特徴】
●ミッドソールに搭載した溝入りウイングナイロンプレート
 「PWRRUN PB」のクッショニングに加え、柔軟性の高いナイロンプレートを採用。ナイロンプレートのサイドを翼状にすることで安定感が増し、さらに真ん中に3本の溝を加えることで、高い反発力は変わらず、形の変化に対しても歪まずにより頑丈な構造になりました。



[画像5: (リンク ») ]

●快適性を求めたシューズ形状
 アッパーは軽量な帯状のエンジニアードメッシュ素材に変更したことで、通気性だけでなく耐久性も向上しています。アウトソールの幅も前作より広げていることで、安定感のある走りを実現します。「Endorphin Pro 4」同様に、クッション性に優れた新素材「SRS」を採用したソックライナーで、長時間のランでも快適に着用することが可能です。



「東京マラソン EXPO 2024」に「Saucony」の出展が決定!


 東京ビッグサイトで開催される日本最大級のランニングトレードショー「東京マラソン EXPO 2024」のブースに「Saucony」も出展いたします。エントリーランナーから上級者まで、多くのランナーの皆さまの走りをサポートするモデルをご用意してお待ちしています。

・イベント名:「東京マラソン EXPO 2024」
・会場   :東京ビッグサイト南展示棟 一般出展社ゾーン G-07
・開催日  :2024年2月29日(木)~ 3月2日(土)
・公式サイト: (リンク »)  

商品概要


【Endorphin Pro 4】
<MENS>
[画像6: (リンク ») ]

カラー(左上から):VIZIORANGE、BLACK/VIZIRED、WHITE/BLACK
価格 :¥26,400(税込)
サイズ:[VIZIORANGE] 25.0cm~29.0cm(0.5cm刻み)
    [BLACK/VIZIRED] 25.0cm~30.0cm(0.5刻み)
    [WHITE/BLACK] 25.0cm~30.0cm(0.5刻み)

<WOMENS>
[画像7: (リンク ») ]

カラー(左上から):VIZIRED、BLACK/VIZIRED、WHITE/VIOLET
価格 :¥26,400(税込)
サイズ:22.5cm~26.0cm(0.5cm刻み)


【Endorphin Speed 4】
<MENS>
[画像8: (リンク ») ]

カラー(左上から):VIZIORANGE、BLACK、WHITE/VIZIORANGE
価格 :¥19,800(税込)
サイズ:[VIZIORANGE] 25.0cm~29.0cm(0.5cm刻み)
    [BLACK] 25.0cm~30.0cm(0.5cm刻み)
    [WHITE/VIZIORANGE] 25.0cm~30.0cm(0.5cm刻み)

<WOMENS>
[画像9: (リンク ») ]

カラー(左上から):VIZIRED、BLACK、WHITE/VIOLET
価格 :¥19,800(税込)
サイズ:22.5cm~26.0cm(0.5cm刻み)

販売店舗:
 ・ABC-MART GRAND STAGE(GINZA・大阪店)
 ・ABC-MART ATHLETE(自由が丘店・アリオ川口店・川崎DICE店・府中西原店・ユニモちはら台店)
 ・SPORTS MARIO RUN & FITNESS 新宿高島屋店
 ・ABC-MARTオンラインストア
 ・OSHMAN‘S(新宿店、原宿店、吉祥寺店、二子玉川店、仙台店、名古屋店、西宮店)
 ・Rampjack 掛尾店
 ・ART SPORTS 本店

Sauconyについて


[画像10: (リンク ») ]

1898年アメリカ、ペンシルベニア州カッツタウンのサッカニー川の岬で4人の実業家によって創業された全米最古のアスレチックブランド「Saucony」。1932年にはブランド初のランニングシューズとして「THE 7446 SPIKE」を手掛け、1960年代には、初めて宇宙遊泳を行ったアメリカ人宇宙飛行士が履いていたブーツ等、NASAの宇宙飛行士のためのシューズを製作し、1960年代後半には拠点を移しランニングシューズの生産を開始。1980年代には今現在もリリースし続ける、その当時最も先進的なランニングシューズ「SHADOW」(※現代でいう「ORIGINALS」の第一号となるシューズ)を発表し、最高のフィット感とシンプルなデザインでメジャーとなる。近年ではサッカニーオリジナルスの中で定番モデルの一つとして人気を博している。これまで数々の有名ブランドとのコラボレーションにより、世界的に注目のスニーカーブランドへと躍進。

●Saucony OFFICIAL SITE: (リンク »)  

ABCマートとは


[画像11: (リンク ») ]

靴と衣料の輸入販売商社「株式会社国際貿易商事」から1985年にスタート。
『世界共通の品質を世界共通の価格で』を創業以来の経営方針として、靴を中心とした商品を直接お客様の手元へお届けするために、靴小売店「ABC-MART」の出店を進め、現在国内には1032店舗、国外には韓国に283店舗、台湾58店舗、米国6店舗を展開しています。今後も世界に通用するストアブランドとしての確立を目指していきます。

会社名:株式会社エービーシー・マート
代表者:野口実
所在地:東京都渋谷区道玄坂一丁目12番1号 渋谷マークシティ ウェスト19階
設立 :1985年6月6日
事業内容:靴・衣料・雑貨などの小売、靴の商品企画、製造及び販売

<お客様からの問い合わせ先>
電話:0120-936-610
対応時間:10:00~17:00(平日月曜から木曜)

プレスリリース提供:PR TIMES (リンク »)
本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. セキュリティ

    「デジタル・フォレンジック」から始まるセキュリティ災禍論--活用したいIT業界の防災マニュアル

  2. 運用管理

    「無線LANがつながらない」という問い合わせにAIで対応、トラブル解決の切り札とは

  3. 運用管理

    Oracle DatabaseのAzure移行時におけるポイント、移行前に確認しておきたい障害対策

  4. 運用管理

    Google Chrome ブラウザ がセキュリティを強化、ゼロトラスト移行で高まるブラウザの重要性

  5. ビジネスアプリケーション

    技術進化でさらに発展するデータサイエンス/アナリティクス、最新の6大トレンドを解説

ZDNET Japan クイックポール

注目している大規模言語モデル(LLM)を教えてください

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]