eコマース市場レポート:タイプ別、トランザクション別、地域別、2024年~2032年

eコマース市場レポート:タイプ別、トランザクション別、地域別、2024年~2032年

株式会社グローバルインフォメーション

2024-02-27 17:00

株式会社グローバルインフォメーション(所在地:神奈川県川崎市、代表者:樋口 荘祐、証券コード:東証スタンダード 4171)は、市場調査レポート「電気自動車市場レポート:コンポーネント別、充電タイプ別、推進タイプ別、車両タイプ別、地域別、2024年~2032年」(IMARC)の販売を2月27日より開始いたしました。
【当レポートの詳細目次】
(リンク »)

世界のeコマース市場規模は2023年に21兆1,000億米ドルに達しました。今後、IMARC Groupは、2024年から2032年にかけて27.16%の成長率(CAGR)を示し、2032年までに183兆8,000億米ドルに達すると予測しています。数多くのeコマースやオンライン小売プラットフォームの普及、国境を越えた貿易機会の大幅な拡大、安全なデジタル決済システムの市場開拓などが、市場成長の主な要因となっています。

市場を牽引しているのは、主にインターネット普及率の上昇です。また、スマートフォンとインターネットの普及により、消費者がオンラインで買い物をするのに適した環境となり、市場成長に影響を与えています。さらに、モバイル・アプリケーションやユーザーフレンドリーなウェブサイトによって、ショッピング体験がシームレスでアクセスしやすくなり、顧客は商品を閲覧し、価格を比較し、簡単に購入できるようになった。これに加えて、最近のコロナウイルス感染症(COVID-19)の流行は、オンライン・ショッピングへのシフトを加速させ、販売需要を加速させました。これとともに、戸締まりや社会的距離を置く措置により、多くの消費者が買い物のニーズをeコマースに向けざるを得なくなり、市場の成長を後押ししています。さらに、eコマースは実店舗を必要とせずに国際市場への参入を可能にし、顧客基盤を拡大する魅力的な選択肢となっているため、市場の見通しは明るいです。

eコマース市場の動向と促進要因:
多数のeコマースおよびオンライン小売プラットフォームの普及

この市場を牽引しているのは、インターネット普及率の上昇です。また、インターネット接続が容易に利用できるようになったことで、eコマース・プラットフォームやオンライン小売プラットフォームの利用が増加し、市場の成長を後押ししています。さらに、ユーザーフレンドリーなウェブサイトやモバイル・アプリケーションの開発により、企業のオンラインプレゼンス確立が容易になり、これも大きな成長促進要因となっています。さらに、安全な決済ゲートウェイと高度な暗号化技術の統合は、オンライン取引における消費者の信頼を高めています。その結果、顧客は自宅にいながらにして、さまざまな商品やサービスにアクセスできるようになった。これに加えて、自宅にいながらにして商品を閲覧し、価格を比較し、レビューを読み、購入できるという利便性から、オンライン・ショッピング・プラットフォームに対する消費者の嗜好の変化が、販売需要を加速させています。

国境を越えた貿易機会の大幅な拡大

近年の国境を越えた貿易機会の増加が市場を牽引しています。加えて、高速インターネット接続が容易に利用できるようになり、スマートフォンやデジタル決済ソリューションが広く普及したことで、世界中の消費者が海外のeコマース・プラットフォームから買い物をすることが容易になり、市場の成長を後押ししています。さらに、サプライチェーンの世界化によって、企業は世界のさまざまな地域から製品や部品を調達することがより現実的になり、消費者にさまざまな製品を、しばしば競合価格で提供できるようになった。これに加え、サードパーティ・ロジスティクス・プロバイダーの台頭により、出荷・配送プロセスが合理化され、国境を越えた注文をより迅速かつコスト効率よくこなせるようになり、市場の成長を後押ししています。さらに、COVID-19の流行はオンライン・ショッピングへのシフトを加速させ、eコマース・サービスの需要拡大につながり、市場の見通しを明るいものにしています。

安全なデジタル決済システムの開発

高度な暗号化技術、多要素認証、厳格なセキュリティ・プロトコルの導入が市場を牽引しています。その結果、消費者はオンラインで決済情報を共有することに自信を持つようになり、eコマースの売上が向上しています。さらに、安全なデジタル決済システムが提供する利便性は、取引のあり方を変えつつあり、これも成長を促す大きな要因となっています。このほか、デジタル決済ソリューションにより、顧客は世界中のどこからでも数回クリックするだけで購入できるようになり、利便性が向上してeコマース事業の裾野が広がっています。さらに、安全なデジタル決済システムはモバイルコマース(Mコマース)の成長に道を開いており、スマートフォンの普及により、消費者はモバイルアプリ、デジタルウォレット、非接触技術を使って支払いを行うことができるため、市場の成長を後押ししています。


【無料サンプル】
(リンク »)

【本件に関するお問い合わせ先】
<アジア最大の市場調査レポート販売代理店>
株式会社グローバルインフォメーション
マーケティング部
お問い合わせフォーム: (リンク »)
TEL:044-952-0102(9:00-18:00 土日・祝日を除く)
URL: (リンク »)

【会社概要】
1995年の創立以来、海外市場調査レポートの販売を通じて企業のグローバル展開を支援しています。世界5カ国に拠点を持ち、海外の提携調査会社200社以上が発行する調査資料約15万点をワンストップでご提供。市場情報販売のグローバル・リーディングカンパニーを目指し、企業ならびに社会の発展に寄与すべく、お客様にとって真に価値ある情報をお届けしています。

創立:1995年
所在地:215-0004 神奈川県川崎市麻生区万福寺1-2-3 アーシスビル7F
事業内容:市場調査レポート/年間契約型情報サービスの販売、委託調査の受託
市場調査レポート/年間契約型情報サービス: (リンク »)
委託調査: (リンク »)
国際会議: (リンク »)

当社は、2020年12月24日に東京証券取引所へ上場いたしました(東証スタンダード市場:4171)。
本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

ZDNET Japan クイックポール

注目している大規模言語モデル(LLM)を教えてください

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]