工作機械市場レポート:工具タイプ、技術タイプ、地域別、2024年~2032年

株式会社グローバルインフォメーション

2024-03-01 17:00

株式会社グローバルインフォメーション(所在地:神奈川県川崎市、代表者:樋口 荘祐、証券コード:東証スタンダード 4171)は、市場調査レポート「工作機械市場レポート:工具タイプ、技術タイプ、地域別、2024年~2032年」(IMARC)の販売を3月1日より開始いたしました。
【当レポートの詳細目次】
(リンク »)

世界の工作機械市場規模は2023年に1,008億米ドルに達しました。今後、IMARC Groupは、2024年から2032年にかけて4.1%の成長率(CAGR)を示し、2032年には1,469億米ドルに達すると予測しています。同市場は、自動車、航空宇宙、エレクトロニクスなど様々な分野での精密工学に対する需要の高まり、CNCやデジタル製造技術の技術進歩、スマート製造やインダストリー4.0へのシフトなどを背景に、安定した成長を遂げています。

工作機械市場の動向:技術の進歩と革新

世界市場は、継続的な技術の進歩と革新によって大きく牽引されています。これらの進歩には、工作機械における自動化、IoT(モノのインターネット)、AI(人工知能)の統合が含まれ、製造プロセスにおける精度、効率、生産性の向上につながります。この進化は、自動車、航空宇宙、防衛など、精度と効率が最重要視される産業において特に重要です。さらに、先端マテリアルの開発には、複雑な作業を処理できる高度な工作機械の使用が必要です。市場では、従来の機械に比べて高い精度と柔軟性を提供するCNC(コンピュータ数値制御)機械の需要が高まっています。このような技術的に高度な工作機械へのシフトは、複雑で高品質な製品の生産を容易にし、それによって市場の成長を促進しています。

新興諸国における製造活動の増加

新興国における製造業の拡大は、世界の工作機械市場を推進する大きな要因です。中国、インド、ブラジルなどの国々では、政府の取り組み、人件費の低下、製造拠点の設立などが後押しとなり、産業が大きく成長しています。この成長は、国内需要の高まりと、これらの地域への製造活動の世界のアウトソーシングによるものです。特に自動車産業とエレクトロニクス産業は、これらの国々で大幅な成長を遂げており、高度な工作機械の導入が必要となっています。生産コストの低下と成長市場の活用を目的とした、これらの地域への外国直接投資(FDI)の流入も主要な促進要因です。この要因によって地域経済が活性化し、世界なサプライチェーンに貢献するため、工作機械の需要が増大します。

製造業における自動化需要の高まり

世界市場は、製造工程における自動化需要の高まりの影響をますます受けています。自動化は、生産性の向上、運用コストの削減、世界市場での競争力の維持を目指す製造業者にとって不可欠なものとなっています。また、工作機械とロボット工学やAI駆動ソリューションなどの自動化システムを統合することで、生産時間の短縮、安定した品質、ヒューマンエラーの最小化が可能になります。この需要は、自動車、航空宇宙、家電など、精度と効率が極めて重要な分野で特に顕著です。これとともに、製造プロセスのデジタル化を重視するインダストリー4.0に向けた動向の高まりが、自動化工作機械の需要をさらに押し上げています。企業は、生産プロセスを最適化し、予知保全を提供し、リアルタイムのデータ分析を提供できるスマートでコネクテッドな工作機械に投資しており、市場の成長を促進しています。


【無料サンプル】
(リンク »)

【本件に関するお問い合わせ先】
<アジア最大の市場調査レポート販売代理店>
株式会社グローバルインフォメーション
マーケティング部
お問い合わせフォーム: (リンク »)
TEL:044-952-0102(9:00-18:00 土日・祝日を除く)
URL: (リンク »)

【会社概要】
1995年の創立以来、海外市場調査レポートの販売を通じて企業のグローバル展開を支援しています。世界5カ国に拠点を持ち、海外の提携調査会社200社以上が発行する調査資料約15万点をワンストップでご提供。市場情報販売のグローバル・リーディングカンパニーを目指し、企業ならびに社会の発展に寄与すべく、お客様にとって真に価値ある情報をお届けしています。

創立:1995年
所在地:215-0004 神奈川県川崎市麻生区万福寺1-2-3 アーシスビル7F
事業内容:市場調査レポート/年間契約型情報サービスの販売、委託調査の受託
市場調査レポート/年間契約型情報サービス: (リンク »)
委託調査: (リンク »)
国際会議: (リンク »)

当社は、2020年12月24日に東京証券取引所へ上場いたしました(東証スタンダード市場:4171)。
本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. セキュリティ

    「デジタル・フォレンジック」から始まるセキュリティ災禍論--活用したいIT業界の防災マニュアル

  2. 運用管理

    「無線LANがつながらない」という問い合わせにAIで対応、トラブル解決の切り札とは

  3. 運用管理

    Oracle DatabaseのAzure移行時におけるポイント、移行前に確認しておきたい障害対策

  4. 運用管理

    Google Chrome ブラウザ がセキュリティを強化、ゼロトラスト移行で高まるブラウザの重要性

  5. ビジネスアプリケーション

    技術進化でさらに発展するデータサイエンス/アナリティクス、最新の6大トレンドを解説

ZDNET Japan クイックポール

注目している大規模言語モデル(LLM)を教えてください

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]