クラウド型オフィスソフト「WPS Cloud」「WPS Cloud Pro」にカレンダー機能を追加。ドキュメント編集機能・ストレージ機能・スケジュール管理の一元化へ

キングソフト株式会社

From: PR TIMES

2024-03-28 18:46



[画像1: (リンク ») ]

キングソフト株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長:瀬沼 悠 以下、キングソフト)は、クラウド型オフィスソフト「WPS Cloud」(個人版)「WPS Cloud Pro」(法人版)にカレンダー機能「WPSカレンダー」を3月27日に追加しましたことをお知らせします。
自分のスケジュール作成や共有用リンクの作成ができるようになり、法人利用では、メンバーやチームの予定をオンライン上で共有・管理できるほか、会議室など共用設備の予定が登録できます。予定や設備の空き状況が一目でわかり、スケジュール調整の簡易化と社内スケジュールの一元管理を実現します。
[画像2: (リンク ») ]
[画像3: (リンク ») ]

「WPSカレンダー」でできること
- スケジュールの作成自分のスケジュールが作成できます。
- スケジュールの共有自分のスケジュールの共有リンクを作成できます。
- スケジュールの重複チェック他のスケジュールと重複する場合、登録時に確認メッセージが表示されます。

[画像4: (リンク ») ]

- スケジュール通知メッセージの受信スケジュールに招待されたときや予定が近づいたとき、WPS Cloudのホーム画面上で通知メッセージが受信できます。

[画像5: (リンク ») ]

- スケジュールにメンバーを招待自分のスケジュールにメンバーを招待できます。
- メンバーのスケジュール確認複数メンバーのスケジュールをまとめて表示できます。

[画像6: (リンク ») ]

- 共用設備の予約管理 ※WPS Cloud Proのみ会議室ほかオフィス内の共用設備を登録して予約管理できます。

WPSカレンダーは、「WPS Cloud」「WPS Cloud Pro」をご利用中の方は、無料で利用できます。

詳しくは、機能紹介ページをご覧ください。
個人向け「WPSカレンダー」  (リンク »)
法人向け「WPSカレンダー」  (リンク »)

「WPSカレンダー」追加の背景と今後の展開について
働く人々がSaaS(Software as a Service)導入にあたり期待することは、データの一括管理や安全かつ簡単にクラウドに保存したデータにアクセスして利用できる環境を築くことで、業務の効率化が見込めることです。
クラウド型オフィスソフト「WPS Cloud」には、ドキュメント編集機能やストレージ機能を搭載しており、複数人や組織で共有・共同作業・管理が可能です。WPS Cloudにカレンダー機能を搭載することで、データ管理だけでなく、スケジュールもオンライン上で一元的に管理することができるようになります。社内のスケジュール調整を効率化し、メンバー間のスムーズな連携を実現することで、組織における利便性をさらに向上できることから今回の機能追加に至りました。キングソフトでは、クラウド型オフィスソフト「WPS Cloud」、ビジネスチャット「WowTalk」、クラウド電話帳「CAMCARD BUSINESS」を組み合わせて利用できるSaaSプラットフォーム「Wonder Cloud Works」を提供しています。WPS CloudとWowTalkを連携することで、チャットでファイルを共有する際に、ファイルを直接送信するだけでなく、WPS Cloudのストレージにアップロードする方法が選べます。ストレージ保存することで、ローカルドライブに保存していたファイルの共有・共同編集への招待が簡単にできます。WPS Cloudの利便性の追求と、さらなる業務効率化につながるツール連携を図るため、WPSカレンダーへの入口を、WPS Cloudだけでなく、ビジネスチャット「WowTalk」からのアクセスを可能にする連携システムを現在開発中です。

「WPS Cloud」「WPS Cloud Pro」について
「WPS Cloud」は、文書作成、スライド作成、表計算、PDF編集機能を搭載し、各ファイルを保存、共有できるオンラインストレージを備えたクラウド型オフィスソフトです。インターネット環境であれば、どこからでもWebブラウザ、PCデスクトップアプリ、モバイルアプリでファイルを閲覧、編集し、ストレージ上に保存したファイルを共有するだけで、Webブラウザ上で同時に共同編集できます。
さらに、法人利用に特化した「WPS Cloud Pro」には、組織管理コンソールを搭載しています。ユーザーの追加と削除、ストレージ容量の配分、社外からのアクセス利用など各種設定を管理者が一元管理することで、組織活用を快適かつ安全なものにします。個人向け「WPS Cloud」製品サイト  (リンク »)
法人向け「WPS Cloud Pro」製品サイト  (リンク »)
[画像7: (リンク ») ]

「Wonder Cloud Works」について
「Wonder Cloud Works」は、法人向けクラウド型オフィスソフト「WPS Cloud Pro」、ビジネスチャット「WowTalk」、クラウド電話帳「CAMCARD BUSINESS」を連携して1IDですべてを管理でき、必要なツールを選んで使えるSaaSプラットフォームです。
低コストで導入できるコラボレーションスイートとして「文書作成・共有管理」「コミュニケーション」「顧客管理」の領域を統合的に提供するとともに、ツールの拡張を予定しています。Wonder Cloud Works 製品サイト  (リンク »)
[画像8: (リンク ») ]

キングソフト株式会社について
「すべての人の働き方に彩りを」をミッションに掲げ、SaaSプラットフォーム「Wonder Cloud Works」をはじめ、クラウド型オフィスソフト「WPS Cloud」、ビジネスチャット・社内SNS「WowTalk」、法人向け名刺管理ソリューション「CAMCARD BUSINESS」、運搬や配膳を自動化するAIサービスロボット「Lanky Porter」など、新しい時代の働き方・生き方の実現を目指したサービスを提供しています。その他、セキュリティサービス「キングソフトセキュリティPro」「KINGSOFT Mobile Security Plus」、オフィスソフト「WPS Office」シリーズなど、ソフトウェアからアプリケーション、AIサービスと幅広く事業を展開しています。

キングソフト株式会社
本社所在地:東京都港区芝五丁目29番11号 G-BASE 田町 5階
代表取締役社長:瀬沼 悠
設立:2005年3月9日
事業内容:法人・個人向けSaaSおよびソフトウェア、アプリ、AIサービスの開発・販売・提供
URL: (リンク »)

*本プレスリリースに記載されている会社名、製品名等は一般に各社の商標または登録商標です。

プレスリリース提供:PR TIMES (リンク »)
本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. セキュリティ

    「デジタル・フォレンジック」から始まるセキュリティ災禍論--活用したいIT業界の防災マニュアル

  2. 運用管理

    「無線LANがつながらない」という問い合わせにAIで対応、トラブル解決の切り札とは

  3. 運用管理

    Oracle DatabaseのAzure移行時におけるポイント、移行前に確認しておきたい障害対策

  4. 運用管理

    Google Chrome ブラウザ がセキュリティを強化、ゼロトラスト移行で高まるブラウザの重要性

  5. ビジネスアプリケーション

    技術進化でさらに発展するデータサイエンス/アナリティクス、最新の6大トレンドを解説

ZDNET Japan クイックポール

所属する組織のデータ活用状況はどの段階にありますか?

NEWSLETTERS

エンタープライズコンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]