精密農業市場、2032年に202億米ドル規模到達見込み

株式会社グローバルインフォメーション

2024-04-10 10:00

株式会社グローバルインフォメーション(所在地:神奈川県川崎市、代表者:樋口 荘祐、証券コード:東証スタンダード 4171)は、市場調査レポート「精密農業市場レポート:技術、タイプ、構成、用途、地域別2024-2032」(IMARC Group)の販売を4月9日より開始いたしました。
【 当レポートの詳細目次 】
(リンク »)

市場の概要
世界の精密農業市場は、2023年に85億米ドルの規模に達しました。2024年から2032年にかけて、市場は9.9%のCAGR(年平均成長率)で成長し、2032年には202億米ドル規模に達すると予想されています。この市場は、持続可能な農法の採用への注目の高まり、生活習慣病の発生を予防するための新鮮な野菜の消費量の増加、農法を改善するための全地球測位システム(GPS)技術の統合の増加などに牽引され、着実な成長を遂げています。

市場の分析
市場の成長と規模: 精密農業市場は、食糧安全保障に対するニーズの高まりと持続可能な農法の採用が原動力となり、力強い成長を遂げています。

主な市場促進要因: センサー、全地球測位システム(GPS)、データ分析における技術的進歩、世界人口の増加、環境問題への懸念と持続可能性の目標の高まりなどが挙げられます。

技術の進歩: センサー、GPSシステム、ドローン、データ分析における急速な技術進歩により、農家は作物管理に関する情報に基づいた意思決定を行うことができます。

産業への応用: 精密農業は、マッピング、作物スカウティング、収量モニタリング、土壌モニタリング、精密灌漑など、さまざまな分野で応用されており、それぞれが農作業の最適化に貢献しています。

主な市場動向: 主な動向には、人工知能(AI)、機械学習(ML)、ビッグデータ分析の統合、機器とソフトウェアプラットフォーム間のシームレスな通信のための接続性の強化などがあります。

地域別動向: アジア太平洋地域では精密農業の導入が進んでいるため、市場シェアはアジア太平洋地域がリードしています。しかし北米は、持続可能な農法への注目が高まっていることから、急成長市場として浮上しています。

競争環境: 精密農業市場の主要企業は、研究開発(R&D)に投資し、製品ポートフォリオの拡大に注力し、AIやMLなどの先進技術を統合しています。

課題と機会: 課題としては、初期投資コストの高さ、データプライバシーに関する懸念、農家の教育・訓練の必要性などが挙げられます。しかし、新興市場における精密農業の採用拡大や、資源の最適化と持続可能な農業のための革新的なソリューション開発の機会は、これらの課題を克服すると予測されます。

市場の動向
精密農業は、主に農業分野における大幅な技術進歩に牽引される形で変貌を遂げています。センサー、全地球測位システム(GPS)技術、無人航空機(UAV)またはドローン、および高度なデータ分析における革新は、農法に革命をもたらしています。これらの進歩により、農家は作業を最適化するためのさまざまなツールやデータソースを手に入れることができます。高度なセンサーは土壌の水分、温度、養分レベルに関するデータを収集し、農家が灌漑や施肥に関してデータ主導の決定を下すことを可能にします。GPSシステムは植え付けと収穫の精度を高め、作物が最適な深さに植えられ、完熟のピークに収穫されるようにします。カメラとマルチスペクトルセンサーを搭載したドローンは、農家が作物のストレスや病気、害虫を早期に発見できるよう、空撮画像を提供します。データ分析は、これらのテクノロジーによって生成された膨大な量のデータを処理し、解釈する上で重要な役割を果たします。農家は過去のデータ、気象パターン、リアルタイムの情報を分析し、作付け、灌漑、肥料や農薬の散布の時期や方法について、情報に基づいた選択を行うことができます。この精度の高さは、農作物の収穫量を増やすだけでなく、資源の浪費を減らし、農業をより持続可能なものにします。



【 無料サンプル 】
当レポートの無料サンプルは、こちらからお申し込みいただけます。
(リンク »)

【本件に関するお問い合わせ先】
<アジア最大の市場調査レポート販売代理店>
株式会社グローバルインフォメーション
マーケティング部
お問い合わせフォーム: (リンク »)
TEL:044-952-0102(9:00-18:00 土日・祝日を除く)
URL: (リンク »)

【会社概要】
1995年の創立以来、海外市場調査レポートの販売を通じて企業のグローバル展開を支援しています。世界5カ国に拠点を持ち、提携調査会社200社以上が発行する調査資料約24万点以上をワンストップでご提供。市場情報販売のグローバル・リーディングカンパニーを目指し、企業ならびに社会の発展に寄与すべく、お客様にとって真に価値ある情報をお届けしています。

創立:1995年
所在地:215-0004 神奈川県川崎市麻生区万福寺1-2-3 アーシスビル7F
事業内容:市場調査レポート/年間契約型情報サービスの販売、委託調査の受託、国際会議の代理販売
市場調査レポート/年間契約型情報サービス: (リンク »)
委託調査: (リンク »)
国際会議: (リンク »)

当社は、2020年12月24日に東京証券取引所へ上場いたしました(東証スタンダード市場:4171)。
本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

ZDNET Japan クイックポール

マイナンバーカードの利用状況を教えてください

NEWSLETTERS

エンタープライズコンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]