石膏ボード市場、2032年に470億米ドル規模到達見込み

株式会社グローバルインフォメーション

2024-04-10 10:00

株式会社グローバルインフォメーション(所在地:神奈川県川崎市、代表者:樋口 荘祐、証券コード:東証スタンダード 4171)は、市場調査レポート「石膏ボード市場レポート:製品タイプ、最終用途、地域別 2024-2032」(IMARC Group)の販売を4月9日より開始いたしました。
【 当レポートの詳細目次 】
(リンク »)

市場の概要
世界の石膏ボード市場は、2023年に302億米ドルの規模に達しました。2024年から2032年にかけて、市場は4.9%のCAGR(年平均成長率)で成長し、2032年には470億米ドル規模に達すると予想されています。建築目的の雇用の増加、公共建築物の改築・改造に対する各国の行政機関による投資の増加、エネルギー効率の高い建設ソリューションに対する需要の増加が、市場を牽引する主な要因です。

市場成長を促進する建設目的の環境に優しい建築材料への需要の高まり
現在、世界中の商業ビルや住宅を建設するための持続可能で環境に優しい建築材料に対する需要の高まりが、石膏ボード市場の成長を促進しています。また、石膏ボードから紙を取り除けば、基本的に石膏だけのコアは、コンクリート、石膏、スタッコの添加物として簡単にリサイクルできます。これとは別に、石膏は自然界に存在する持続可能な素材である石膏から製造されています。さらに、エネルギーを節約し、天然資源の過剰使用を防ぐために、世界中で様々なグリーンビルディングやスマートシティの建設が増加していることが、石膏ボード市場の成長を支えています。さらに、石膏ボードの設置には多額の費用や人件費がかからないため、世界中で石膏ボードの需要が高まっています。さらに、石膏ボードは修理が簡単で、幅広いデザインがあり、性質上非常に汎用性が高いため、その使用量は世界中で増加しています。

石膏ボードとは?
石膏ボードは、ドライウォール、ウォールボード、プラスターボードと呼ばれることが多い軽量建材で、木材や金属フレームに直接取り付けることができます。石膏ボードは、カルシウムの含水硫酸塩である石膏を2層の特殊紙で挟んだものです。強力な接着剤、ネジ、釘を使って、既存の表面や建物の壁に直接貼り付けることができます。石膏を粉砕・破砕して焼石膏または部分脱水石膏とし、水やその他の添加物と混合してスラリーを作り、ボード成形機で連続した紙の層の間に流し込んで製造します。耐火性・耐水性の石膏ボードとして市販されており、主に浴室やキッチン、外壁の下地などに使用されています。芯材が不燃性であるため、合板や防火ボード、ハードボードとは異なります。非常に汎用性が高く、どんなインテリアデザインにもマッチします。耐火性があり、事故の発生を防ぐことができるため、さまざまな住宅、商業施設、施設の壁や間仕切りに使用されます。住宅や非住宅の外装にも使われます。また、ファイバーボードは、低周波音波のほとんどを抑制するのに十分な質量を持ち、高周波音波を抑制するのに十分な弾力性を持っているため、オフィス、レコーディングスタジオ、教室などの建築にも使用されています。従来のラスや石膏に比べて使い勝手がよく、耐久性も高いため、石膏ボードの需要は世界中で高まっています。

市場の動向
現在、世界中で様々な住宅や商業ビルの建設が増加し、石膏ボードの需要が増加していることが、市場にプラスの影響を与えている主な要因の一つです。また、石膏ボードは設置に必要な工具が非常に少なく、様々なファスナーや下地に取り付けることができるため、利用が拡大しており、市場の見通しが良好です。これとは別に、石膏ボードは比較的大きなシートで入手でき、カッターナイフやのこぎりを使って切断でき、軽量であるため、建築目的での使用が増加しており、市場の成長を促進しています。また、各国の行政機関が公共建築物や遺産を改修・改造するための投資を増やしていることも、市場の成長に寄与しています。さらに、セラミック、プラスチック、金属タイルの下地として、また外壁の下地やエレベーターなどのシャフトの囲いとして石膏ボードの採用が増加しています。これは、大衆の環境意識の高まりによるエネルギー効率の高い建設ソリューションに対する需要の高まりとともに、石膏ボード市場の成長を促しています。さらに、世界的な人口増加に伴う住宅需要の増加が市場の成長を後押ししています。



【 無料サンプル 】
当レポートの無料サンプルは、こちらからお申し込みいただけます。
(リンク »)

【本件に関するお問い合わせ先】
<アジア最大の市場調査レポート販売代理店>
株式会社グローバルインフォメーション
マーケティング部
お問い合わせフォーム: (リンク »)
TEL:044-952-0102(9:00-18:00 土日・祝日を除く)
URL: (リンク »)

【会社概要】
1995年の創立以来、海外市場調査レポートの販売を通じて企業のグローバル展開を支援しています。世界5カ国に拠点を持ち、提携調査会社200社以上が発行する調査資料約24万点以上をワンストップでご提供。市場情報販売のグローバル・リーディングカンパニーを目指し、企業ならびに社会の発展に寄与すべく、お客様にとって真に価値ある情報をお届けしています。

創立:1995年
所在地:215-0004 神奈川県川崎市麻生区万福寺1-2-3 アーシスビル7F
事業内容:市場調査レポート/年間契約型情報サービスの販売、委託調査の受託、国際会議の代理販売
市場調査レポート/年間契約型情報サービス: (リンク »)
委託調査: (リンク »)
国際会議: (リンク »)

当社は、2020年12月24日に東京証券取引所へ上場いたしました(東証スタンダード市場:4171)。
本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

ZDNET Japan クイックポール

マイナンバーカードの利用状況を教えてください

NEWSLETTERS

エンタープライズコンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]