オーツ麦市場、2032年に65億米ドル規模到達見込み

株式会社グローバルインフォメーション

2024-04-10 10:00

株式会社グローバルインフォメーション(所在地:神奈川県川崎市、代表者:樋口 荘祐、証券コード:東証スタンダード 4171)は、市場調査レポート「オーツ麦市場レポート:製品タイプ・用途・地域別 2024-2032」(IMARC Group)の販売を4月9日より開始いたしました。
【 当レポートの詳細目次 】
(リンク »)

市場の概要
世界のオーツ麦市場は、2023年に55億米ドルの規模に達しました。2024年から2032年にかけて、市場は1.8%のCAGR(年平均成長率)で推移し、2032年には65億米ドル規模に達すると予想されています。大衆の間での健康意識の高まり、グルテンフリーや植物ベースの食事の消費の増加、朝食用シリアル、グラノーラバー、ミューズリー、健康的なスナックの需要の高まりは、市場を推進している主な要因の一部です。

オーツ麦は食用種子のために広く栽培されている穀物で、オートミールやロールドオーツ麦の形で栄養価の高い朝食用シリアルとして主に使用されています。オートミールは、炭水化物、タンパク質、脂肪、ビタミン、ミネラルをバランスよく含み、さまざまな必須栄養素を豊富に含んでいます。オーツ麦には、低比重リポタンパク質(LDL)コレステロール値を低下させ、心臓血管の健康維持に欠かせないベータグルカンが含まれています。βグルカンには抗炎症作用があり、湿疹や日焼けなど、さまざまな皮膚の症状を和らげ、緩和する効果があります。満腹感を促進し、カロリー摂取を抑えて体重管理に役立ちます。

市場の動向
現在、健康的な消化をサポートし、便秘の予防に役立つオーツ麦の需要の増加が、市場の成長を後押ししています。これに加えて、オーツ麦の品質を向上させ、繊維含有量を高めるための栽培方法の進歩が、市場の成長に寄与しています。加えて、様々な朝食用シリアル、グラノーラバー、ミューズリー、スナック菓子の製造におけるオーツ麦の利用拡大が、市場の展望に好影響を与えています。このほか、菜食主義者や乳糖不耐症の人々の間で、乳製品をベースとするミルクの代替品としてオーツミルクの消費が増加していることも、市場の成長を支えています。さらに、大衆の間でオーツ麦を摂取することの有益な側面に関する認識が高まっていることも、市場の成長を後押ししています。さらに、有害な化学物質や肥料を使用せずに製造された有機オーツ麦への需要の高まりが、市場の成長を後押ししています。

市場の促進要因
大衆の健康意識の高まり
現在、大衆の健康意識の高まりが世界のオーツ麦市場の成長にプラスの影響を与えています。オーツ麦は、食物繊維、ビタミン、ミネラル、抗酸化物質を豊富に含む、栄養価が高く健康的な食品として認識されています。人々の健康志向が高まり、より健康的な食品を求めるようになるにつれ、オーツ麦はコレステロール値を下げ、体重管理をサポートし、消化器系の健康を促進するなど、様々な健康上の利点があることから人気を集めています。また、心血管疾患や糖尿病などの生活習慣病が増加していることも、予防的健康対策の一環としてオーツ麦の需要を促進しています。さらに、加工度の低い、より自然な食品の消費を促進するクリーン・イーティングの世界的傾向が、オーツ麦の需要を強化しています。

グルテンフリーおよび植物ベースの食生活の消費増加
グルテンフリーおよび植物ベースの食生活の増加は、オーツ麦市場の成長にプラスの影響を与えています。こうした食事傾向へのシフトは、健康意識の高まり、環境への懸念、消費者の嗜好の変化の結果です。セリアック病や非セリアック・グルテン過敏症などのグルテン関連疾患の診断が急増していることに加え、グルテンフリーの食事が全般的な健康と幸福に寄与するという認識が一般に広まったことで、グルテンフリーの食事が高い人気を集めています。さらに、健康、倫理、環境といったさまざまな原動力を背景に、植物由来の食生活の人気も高まっています。消費者が植物由来のタンパク質や繊維にますます目を向けるようになるにつれて、オーツ麦の需要は大幅に伸びています。



【 無料サンプル 】
当レポートの無料サンプルは、こちらからお申し込みいただけます。
(リンク »)

【本件に関するお問い合わせ先】
<アジア最大の市場調査レポート販売代理店>
株式会社グローバルインフォメーション
マーケティング部
お問い合わせフォーム: (リンク »)
TEL:044-952-0102(9:00-18:00 土日・祝日を除く)
URL: (リンク »)

【会社概要】
1995年の創立以来、海外市場調査レポートの販売を通じて企業のグローバル展開を支援しています。世界5カ国に拠点を持ち、提携調査会社200社以上が発行する調査資料約24万点以上をワンストップでご提供。市場情報販売のグローバル・リーディングカンパニーを目指し、企業ならびに社会の発展に寄与すべく、お客様にとって真に価値ある情報をお届けしています。

創立:1995年
所在地:215-0004 神奈川県川崎市麻生区万福寺1-2-3 アーシスビル7F
事業内容:市場調査レポート/年間契約型情報サービスの販売、委託調査の受託、国際会議の代理販売
市場調査レポート/年間契約型情報サービス: (リンク »)
委託調査: (リンク »)
国際会議: (リンク »)

当社は、2020年12月24日に東京証券取引所へ上場いたしました(東証スタンダード市場:4171)。
本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

ZDNET Japan クイックポール

マイナンバーカードの利用状況を教えてください

NEWSLETTERS

エンタープライズコンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]