データセンターラック市場、2032年に85億米ドル規模到達見込み

株式会社グローバルインフォメーション

2024-04-10 10:00

株式会社グローバルインフォメーション(所在地:神奈川県川崎市、代表者:樋口 荘祐、証券コード:東証スタンダード 4171)は、市場調査レポート「データセンターラック市場レポート:タイプ別、ラックユニット別、ラックサイズ別、フレームサイズ別、フレームデザイン別、サービス別、用途別、エンドユーザー別、地域別、2024-2032」(IMARC Group)の販売を4月9日より開始いたしました。
【 当レポートの詳細目次 】
(リンク »)

市場の概要
世界のデータセンターラック市場は、2023年に39億米ドルの規模に達しました。2024年から2032年にかけて、市場は8.6%のCAGR(年平均成長率)で成長し、2032年には85億米ドル規模に達すると予想されています。市場は、データストレージニーズの増加、大幅な技術進歩、エッジコンピューティングの台頭、クラウドサービスの採用拡大、エネルギー効率と持続可能性への注力などを背景に力強い成長を遂げています。

市場の分析
市場の成長と規模: データストレージとデータ処理に対する需要の増加により、市場は力強い成長を遂げています。

技術の進歩: 高密度ラックや効率的な冷却ソリューションの開発など、技術の進歩がデータセンターラック業界の技術革新を促進しています。これらの技術革新は、スペースとエネルギー消費の最適化に不可欠です。

業界の用途: データセンターラックは、IT・通信、医療、金融など、さまざまな業界で利用されています。ラックは汎用性が高いため、多様なインフラストラクチャのニーズをサポートするために不可欠です。

地域別動向: 北米とアジア太平洋地域は、堅牢なITインフラとデータ駆動型産業の成長により、データセンターラック市場を支配しています。欧州も大きな市場シェアを占めています。

競争環境: 主要企業は幅広いラックソリューションを提供し、製品の品質とイノベーションに注力しています。

課題と機会: 課題としては、データセンターに関連するエネルギーコストの上昇や、持続可能なソリューションの必要性などが挙げられます。しかし、コンパクトなラックが不可欠なエッジコンピューティングや、クラウドサービスの採用など、ビジネスチャンスも豊富です。

今後の展望: データセンターラック市場の将来は、持続可能性、効率性の向上、ラック設計の強化に焦点が当てられ、有望視されています。データが指数関数的に増加し続ける中、革新的なラックソリューションに対する需要は引き続き高く、市場成長のチャンスとなるでしょう。

市場の動向
データ・トラフィックとストレージ・ニーズの増加
データ・トラフィックとストレージ・ニーズの急激な増加は、世界のデータセンターラック市場の主な原動力です。今日のデジタル時代では、企業、政府、個人が膨大な量のデータを生成・消費しています。ストリーミングサービスやソーシャルメディアから電子商取引やIoTデバイスに至るまで、データの生成は絶え間なく続いています。その結果、データセンターはこのデータの増加に対応するために、その容量を拡大する必要があります。データセンターラックは、このような施設内のスペースと構成を最デデータセンターラックたします。このラックにより、サーバー、ネットワーク機器、ストレージ・デバイスを効率的に積み重ね、冷却することができます。データを安全かつ効率的に保管・処理する必要性から、企業は先進的なデータセンターラックソリューションに投資しています。

技術の進歩とラックの革新
データセンターラック業界における技術の進歩と革新が、市場の成長を促進しています。データセンターがより高い効率性、より優れた冷却、スペースの最適化を目指す中、ラックメーカーは最先端のソリューションで対応しています。高密度ラックは技術進歩の代表例です。これらのラックは、効率的な冷却を維持しながら、より小さなスペースでより多くの機器を収容できるように設計されています。ブレードサーバーやその他のコンパクトなハードウェア構成がますます普及しているため、高密度ラックは必需品となっています。さらに、データセンター事業者は、ラック内の機器を直接冷却することでエネルギー効率を高めるラックレベルの冷却ソリューションに投資しています。これにより、データセンター全体の冷却負荷が軽減され、運用コストが削減されます。



【 無料サンプル 】
当レポートの無料サンプルは、こちらからお申し込みいただけます。
(リンク »)

【本件に関するお問い合わせ先】
<アジア最大の市場調査レポート販売代理店>
株式会社グローバルインフォメーション
マーケティング部
お問い合わせフォーム: (リンク »)
TEL:044-952-0102(9:00-18:00 土日・祝日を除く)
URL: (リンク »)

【会社概要】
1995年の創立以来、海外市場調査レポートの販売を通じて企業のグローバル展開を支援しています。世界5カ国に拠点を持ち、提携調査会社200社以上が発行する調査資料約24万点以上をワンストップでご提供。市場情報販売のグローバル・リーディングカンパニーを目指し、企業ならびに社会の発展に寄与すべく、お客様にとって真に価値ある情報をお届けしています。

創立:1995年
所在地:215-0004 神奈川県川崎市麻生区万福寺1-2-3 アーシスビル7F
事業内容:市場調査レポート/年間契約型情報サービスの販売、委託調査の受託、国際会議の代理販売
市場調査レポート/年間契約型情報サービス: (リンク »)
委託調査: (リンク »)
国際会議: (リンク »)

当社は、2020年12月24日に東京証券取引所へ上場いたしました(東証スタンダード市場:4171)。
本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

ZDNET Japan クイックポール

マイナンバーカードの利用状況を教えてください

NEWSLETTERS

エンタープライズコンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]