エクスポージャー管理の市場規模、2029年に76億米ドル到達予測

株式会社グローバルインフォメーション

2024-04-16 09:00

株式会社グローバルインフォメーション(所在地:神奈川県川崎市、代表者:樋口荘祐、証券コード:東証スタンダード 4171)は、市場調査レポート「エクスポージャー管理の世界市場:コンポーネント (ソリューション・サービス)・展開モード (クラウド・オンプレミス)・用途 (脆弱性管理・脅威インテリジェンス・攻撃サーフェス管理)・エンドユーザー産業・地域別 - 予測(~2029年)」(MarketsandMarkets)の販売を4月15日より開始いたしました。
【 当レポートの詳細目次 】
(リンク »)

エクスポージャー管理の市場規模は、2024年の22億米ドルからCAGR28.3%で成長し、2029年には76億米ドルに達することが予測されています。エクスポージャー管理の市場成長は、標的型サイバー攻撃の増加、増大する脅威からのビジネス資産の保護、IoTトレンドの高まりと自動化されたセキュリティソリューションのニーズの高まり、サイバーセキュリティ衛生に対する意識の高まり、政府の規制や要件への準拠などが背景にあります。



用途別に、攻撃対象領域管理分野が最も高いCAGRで成長

デジタルインフラの急速な進化と、それに伴う潜在的なサイバー攻撃ベクトルの拡大により、エクスポージャー管理の攻撃表面管理アプリケーションは、2029年までの間最も高いCAGRで成長する見込みです。組織がクラウドコンピューティング、IoTデバイス、リモートワークプラットフォームなどの先進技術を統合するとともに、攻撃対象はより複雑かつ広範囲になります。この複雑さにより、脆弱性の可能性のあるポイントをすべて特定して安全性を確保することが難しくなり、効果的な攻撃対象領域の管理が最新のサイバーセキュリティ戦略にとって不可欠になっています。さらに、サイバー脅威における頻度と巧妙さが増しているため、脆弱性管理にはよりプロアクティブで包括的なアプローチが求められています。アタック・サーフェス管理ソリューションは、組織のデジタル・フットプリントの詳細な可視化と制御を実現し、リスクの早期発見と軽減を可能にすることで、こうしたニーズに対応します。データ保護とプライバシーに関する規制要件の強化に加え、サイバーセキュリティが重視されるようになったことで、強固な攻撃対象領域管理の重要性がさらに強調され、エクスポージャー管理市場の急成長に寄与しています。

エンドユーザー別に、BFSI業界が最大の市場規模に成長

BFSI業界は、サイバー脅威のリスクが本質的に高く、機密性の高い金融データを扱うという性質から、2029年までの間、最大の市場規模を有すると予測されています。BFSI部門は、金融情報の貴重な性質からサイバー犯罪者の格好の標的となっており、データ漏洩、詐欺、金銭的損失から保護するための強固なサイバーセキュリティ対策が必要です。さらに、BFSI業界は厳しい規制やコンプライアンス要件に直面しており、データ保護を確実にし、顧客の信頼を維持するために、包括的なエクスポージャー管理ソリューションを導入する必要に迫られています。オンライン・バンキング、モバイル・アプリケーション、フィンテック・イノベーションの採用によって特徴づけられるBFSIセクター内のデジタル変革は、攻撃対象領域をさらに拡大し、効果的なエクスポージャー管理を極めて重要なものにしています。





【 無料サンプル 】
当レポートの無料サンプルは、こちらからお申し込みいただけます。
(リンク »)

【本件に関するお問い合わせ先】
<アジア最大の市場調査レポート販売代理店>
株式会社グローバルインフォメーション
マーケティング部
お問い合わせフォーム: (リンク »)
TEL:044-952-0102(9:00-18:00 土日・祝日を除く)
URL: (リンク »)

【会社概要】
1995年の創立以来、海外市場調査レポートの販売を通じて企業のグローバル展開を支援しています。世界5カ国に拠点を持ち、海外の提携調査会社200社以上が発行する調査資料約24万点以上をワンストップでご提供。市場情報販売のグローバル・リーディングカンパニーを目指し、企業ならびに社会の発展に寄与すべく、お客様にとって真に価値ある情報をお届けしています。

創立:1995年
所在地:215-0004 神奈川県川崎市麻生区万福寺1-2-3 アーシスビル7F
事業内容:市場調査レポート/年間契約型情報サービスの販売、委託調査の受託、国際会議の代理販売
市場調査レポート/年間契約型情報サービス: (リンク »)
委託調査: (リンク »)
国際会議: (リンク »)

当社は、2020年12月24日に東京証券取引所へ上場いたしました(東証スタンダード市場:4171)。

このプレスリリースの付帯情報

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

ZDNET Japan クイックポール

マイナンバーカードの利用状況を教えてください

NEWSLETTERS

エンタープライズコンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]