ハイブリッド電気自動車市場、2032年に9,850万台規模到達見込み

株式会社グローバルインフォメーション

2024-04-17 10:00

株式会社グローバルインフォメーション(所在地:神奈川県川崎市、代表者:樋口 荘祐、証券コード:東証スタンダード 4171)は、市場調査レポート「ハイブリッド電気自動車市場レポート:推進タイプ、構成タイプ、車両タイプ、動力源、地域別、2024-2032」(IMARC Group)の販売を4月16日より開始いたしました。
【 当レポートの詳細目次 】
(リンク »)

市場の概要
ハイブリッド電気自動車市場は、2023年に1,000万台規模に達しました。2024年から2032年にかけて、市場は28%のCAGR(年平均成長率)で成長し、2032年には9,850万台規模に達すると予想されています。ハイブリッド電気自動車(HEV)の環境面での利点に対する消費者の意識の高まり、より環境に優しい選択肢を選ぶよう消費者に促す社会的責任感の高まり、先進技術の登場などが市場を牽引する重要な要因の一部です。

ハイブリッド電気自動車(HEV)は、内燃エンジンと電気推進システムの両方の特徴を併せ持つ自動車技術です。基本的に、ハイブリッド車にはガソリンエンジンと電気モーターの両方があり、それらが調和して機能することで燃料効率を最適化し、排出ガスを削減します。電気モーターは主に市街地などの低速走行時に機能し、燃料を節約します。ガソリンエンジンは、高速道路走行などの高速走行時に作動します。このように両システムをシームレスに統合することで、従来のガソリンのみの車に比べて燃費を向上させることができます。さらに、ハイブリッド車には回生ブレーキが採用されていることが多く、これは通常ブレーキ時に失われるエネルギーを回収し、将来の使用のためにバッテリーに蓄えるメカニズムです。全体として、ハイブリッド電気自動車は、性能を犠牲にすることなく、より環境に優しい原動力を提供します。ハイブリッド電気自動車は、完全な電気自動車と従来の自動車とのギャップを埋め、消費者に環境保全と運転の実用性の両方をサポートするバランスの取れた選択肢を提供します。

市場の動向
世界のハイブリッド電気自動車市場を牽引している主な要因は、ガソリンやディーゼルのコストが高騰し、消費者がより燃費の良い交通手段を求めるようになったことです。これに加え、ハイブリッド電気自動車(HEV)の環境面でのメリットに対する消費者の意識の高まりも市場を牽引する大きな要因です。情報が容易に入手できるようになるにつれ、消費者は二酸化炭素排出量や、移動手段を含む自分の選択が環境にどのような影響を与えるかについて知識を深めています。このような社会的責任感の高まりは、消費者がより環境に優しい選択肢を選ぶことを促し、市場にさらなる影響を与えています。さらに、ハイブリッド車を含むあらゆる電気自動車を導入するには、充電インフラの拡大が不可欠です。政府と民間部門は、より広範囲に分散し、急速充電機能を提供する充電ステーションの開発に投資しています。このようなインフラ整備が進むことで、航続距離に対する不安や充電の利便性が緩和され、消費者にとってHEVがより現実的な選択肢となります。したがって、充電インフラが利用しやすくなることは、HEVを導入する割合が高まることと直結し、市場の成長を牽引します。さらに、Vehicle-to-Grid(V2G)のような技術の登場は、市場に明るい展望をもたらしています。



【 無料サンプル 】
当レポートの無料サンプルは、こちらからお申し込みいただけます。
(リンク »)

【本件に関するお問い合わせ先】
<アジア最大の市場調査レポート販売代理店>
株式会社グローバルインフォメーション
マーケティング部
お問い合わせフォーム: (リンク »)
TEL:044-952-0102(9:00-18:00 土日・祝日を除く)
URL: (リンク »)

【会社概要】
1995年の創立以来、海外市場調査レポートの販売を通じて企業のグローバル展開を支援しています。世界5カ国に拠点を持ち、提携調査会社200社以上が発行する調査資料約24万点以上をワンストップでご提供。市場情報販売のグローバル・リーディングカンパニーを目指し、企業ならびに社会の発展に寄与すべく、お客様にとって真に価値ある情報をお届けしています。

創立:1995年
所在地:215-0004 神奈川県川崎市麻生区万福寺1-2-3 アーシスビル7F
事業内容:市場調査レポート/年間契約型情報サービスの販売、委託調査の受託、国際会議の代理販売
市場調査レポート/年間契約型情報サービス: (リンク »)
委託調査: (リンク »)
国際会議: (リンク »)

当社は、2020年12月24日に東京証券取引所へ上場いたしました(東証スタンダード市場:4171)。
本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

ZDNET Japan クイックポール

マイナンバーカードの利用状況を教えてください

NEWSLETTERS

エンタープライズコンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]