au とABEMAが「BLUE WINNER PROJECT」を発足、サッカー日本代表やTVアニメ『ブルーロック』とのコラボコンテンツを共同制作

KDDI株式会社

From: PR TIMES

2024-04-17 13:46

日本サッカー界を盛り上げる映像コンテンツを2024年4月17日から順次公開

 KDDI株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長 CEO:高橋 誠、以下 KDDI)は2024年4月17日、株式会社AbemaTV(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:藤田 晋)が運営する新しい未来のテレビ「ABEMA」と共同で、日本サッカー界を盛り上げるプロジェクト「BLUE WINNER PROJECT」(以下 本企画)を発足します。
 本企画では、「ABEMA」で人気を誇るサッカー日本代表関連コンテンツやTVアニメ『ブルーロック』とコラボレーションします。特設サイトの公開や番組内で放映されるコラボ映像の放送に加え、「ABEMA」の人気番組の特別編など計5つのオリジナル映像コンテンツをauと「ABEMA」で共同制作し、順次公開します。



[画像1: (リンク ») ]

■BLUE WINNER PROJECTについて
日本サッカー界を盛り上げるためにKDDIと「ABEMA」が共同で立ち上げたプロジェクトです。サッカー日本代表やTVアニメ『ブルーロック』とのコラボレーション企画や、コラボ映像の放映などを行います。
特設サイトURL: (リンク »)

1.au |ABEMA TVアニメ『ブルーロック』とのコラボレーション企画
[表1: (リンク ») ]


2.サッカー日本代表コンテンツの特別編成企画
[表2: (リンク ») ]


3. TVアニメ『ブルーロック』の関連編成企画
[表3: (リンク ») ]


各番組は「ABEMA」にていつでもどこでも無料で視聴できます。配信開始日以降も、番組により一定期間の無料の見逃し配信として視聴可能です。
※配信開始日は変動する可能性がございます。

KDDIは、本企画を通してサッカー日本代表とTVアニメ『ブルーロック』を応援していきます。

■『劇場版ブルーロック -EPISODE 凪-』作品紹介
[画像2: (リンク ») ]

 原作コミックは、累計発行部数3,000万部を突破。2022年10月からTVアニメも放送され人気を博した『ブルーロック』。
 “世界一のエゴイストでなければ、世界一のストライカーにはなれない” “ブルーロック(青い監獄)”に集められた300人の高校生FW(フォワード)たちが、世界一のストライカーを目指して己のサッカー生命とゴールをかけて挑むデスゲームのような作風は、“史上最もアツく、最もイカれたサッカーアニメ”として幅広い年代から注目を集めている。
 TVアニメ、アプリゲーム、舞台化など多方面での展開も話題を呼び、いま最高潮の盛り上がりを見せる本作品、ついにシリーズ初の映画化!!
 『ブルーロック -EPISODE 凪-』を原作として、“ブルーロック(青い監獄)”での戦いを、桁外れのサッカーセンスを持つもうひとりの主人公、凪 誠士郎の視点から大スクリーンで描く。
これは世界を飲み込む<天才>誕生の物語(ストーリー)。

公開日:2024年4月19日
(C)金城宗幸・三宮宏太・ノ村優介・講談社/「劇場版ブルーロック」製作委員会

プレスリリース提供:PR TIMES (リンク »)
本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

KDDI株式会社の関連情報

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

ZDNET Japan クイックポール

マイナンバーカードの利用状況を教えてください

NEWSLETTERS

エンタープライズコンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]