高度に進化した「生成塗りつぶし」機能と新機能「画像を生成」を備えた新しいAdobe Photoshopで、 すべての人に「つくる力」を

アドビ株式会社

From: PR TIMES

2024-04-23 18:00



- Adobe Photoshopの最も人気のある機能の一つ「生成塗りつぶし」が新しい機能「参照画像」によりさらに強力に。クリエイティブなインスピレーションを促進させ、誰でも高品質なクリエイティブ作成が可能に
- 新しい「画像を生成」機能をAdobe Photoshopのワークフロー内で直接使用することで、アイデア出しとクリエイティブプロセスがこれまで以上にシームレスに連携し、ゼロからのハイクオリティなコンテンツ作成が可能に
- 新しいAdobe Firefly Image 3 Foundation モデル(ベータ版)がAdobe Photoshopで利用可能になり、クリエイティブ品質とクリエイティブコントロールが大幅に向上

※当資料は、2024年4月23日(英国時間)に米国本社から発表されたプレスリリースの抄訳版です
[画像: (リンク ») ]

動画(英語)はリンク ») ">こちら

【2024年4月23日】
アドビ(Nasdaq: ADBE)(本社:米国カリフォルニア州サンノゼ、以下アドビ)は本日、クリエイティブの祭典である「Adobe MAX London 2024」において、「生成塗りつぶし」の画期的な進化に加え、「参照画像」の搭載により、クリエイターにさらなるコントロールを提供し、全てのAdobe Photoshopユーザーが自信をもってハイクオリティな画像を作成できる機能を備えた、新しいリンク ») ">Adobe Photoshop(ベータ版)を発表しました。リンク ») ">Adobe Firefly Image 3 Foundation モデル(ベータ版)を搭載したこれらの新機能は、クリエイターが慣れ親しんだワークフローに強力な生成AI機能が深く統合され、世界をリードする画像編集アプリケーションの新時代を切り開きます。「参照画像」、「画像を生成」、「類似を生成」、「背景を生成」、「ディテールを向上」などの新機能により、誰もが頭の中にあるビジョンを瞬時に形にすることができます。

「画像を生成」機能は、白紙の状態からハイクオリティなコンテンツ作成の過程を短縮し、あらゆるスキルレベルの人々が創造性を飛躍させるのに必須のツールです。Adobe Firefly Image 3 Foundation モデル(ベータ版)は、Adobe PhotoshopやAdobe Firefly web版で使用できます。Adobe Firefly Image 3 Foundation モデル(ベータ版)により、人気の高い「リンク ») ">生成塗りつぶし」と「リンク ») ">生成拡張」機能が強化され、新機能では、誰もが背景のバリエーションを無限に生成したり、色やスタイルを変えた複数のデザインコンセプトを作成したり、完全なコントロールのもとに細密なシーンをゼロから創造したりすることができます。

アドビのクリエイティブ製品グループ担当シニア バイス プレジデント アシュリー スティル(Ashley Still)は、次のように述べています。「本日発表したAdobe Fireflyを搭載したAdobe Photoshopの画期的な新機能の数々は、プロにとっても、Adobe Photoshopを始めたばかりの人にとっても、クリエイティビティレベルをかつてないほど向上させました。Adobe Photoshopに搭載されたAdobe Fireflyの新機能により、アイデア出しとクリエイティブプロセスがこれまで以上にシームレスに連携し、画像の編集をよりパワフルかつ容易にすることで、誰もがクリエイティブなビジョンを実現できます。」

新次元のクリエイティブコントロールでアイデアを作品に変える
Adobe Photoshopの新機能は、クリエイティブなワークフローをさらに強化・加速し、時間を節約しながら複雑な編集やユニークなデザインを作成できるようにするものです。アイデア出しとクリエイティブプロセスをひとつのワークフローにまとめることで、新次元のコントロールを実現し、誰もが想像した瞬間に創造的なビジョンを形にできるようサポートします。
- 参照画像:ユーザーが選んだ任意の画像を生成処理のインスピレーションとして使用することで、クリエイターは思った通りのアウトプットが可能です。
- 画像を生成:テキスト入力だけで完全な画像を作り出す機能にAdobe Photoshop内から初めてアクセスできるようになりました。アイデア出しや、ゼロからの画像作成が可能です。
- 背景を生成:背景の入れ替えや作成だけでなく、既存の画像にシームレスにブレンドするコンテンツを今までより簡単に生成できます。
- 類似を生成:生成された画像の中からお気に入りの画像を選択して、「類似を生成」で参照として使用します。お気に入りのものが見つかるまで、クリックしてコンテンツやスタイルが似たバリエーションの画像の生成を繰り返します。
- ディテールを向上:シャープさと鮮明度を向上させるため、画像のディテールを目立たせることができます。見た目をくっきりとさせ、ストック品質の画像とより調和する質の高い画像に仕上がります。

これらAdobe Fireflyを搭載した新機能に加え、Adobe Photoshopにはデザインや制作のために便利な追加のツールも導入されています。
- 調整ブラシ:ユーザーが画像の特定の領域に非破壊的な調節を容易に加えることを可能にします。
- 改良されたフォントブラウザ:Adobe Photoshopを離れることなく、クラウドにあるAdobe Fontsの25,000以上のフォントへのリアルタイムアクセスを可能にし、プロジェクトにあった最適な書体を見つけられます。
- 調整プリセット:ワンクリックで複数のエフェクトを適用できるフィルタや、カスタマイズしたプリセットの作成と保存機能により、クリエイターが画像の外観を簡単に変更できるようにします。

アドビには10年以上にわたるAIイノベーションの歴史があり、何百ものインテリジェントな機能を提供してきました。クリエイティブコミュニティーの何億人もの人々が日々クリエイティブワークフローで活用しています。昨年5月、Adobe Photoshopの生成塗りつぶしと生成拡張は、Adobe Creative Cloudの新時代の幕開けとなり、コミュニティから前例のない反響を受けました。Adobe Fireflyのリリース以来、ユーザーはすでに70億枚以上の画像を生成しており、「生成塗りつぶし」の普及ペースは他の人気Adobe Photoshop機能の10倍です。Adobe Photoshopの最新バージョンでは、画期的なAdobe Firefly Image 3 Foundation モデルの搭載により、生成塗りつぶしツールと生成拡張ツールでさらに現実的で説得力のある画像を生成できます。

Adobe Fireflyは、Adobe Stockなどのライセンスコンテンツを使って学習しており、著作権、商標やロゴなどの知的財産権(IP)を侵害しない商用利用のためのコンテンツを生成するように設計されています。アドビは、多層的で継続的なレビューとモデレーションのアプローチを使用して、アドビのポリシーに違反するコンテンツをブロックおよび削除し、Adobe Firefly が生成したコンテンツに対するIP補償をお客様に提供します。

責任あるイノベーションへのコミットメント
アドビは、説明責任、社会的責任、透明性というリンク ») ">AI倫理原則に従い、AIを開発することを約束します。リンク ») ">アドビの最近の調査では、米国の消費者の76%が、オンラインコンテンツがAIによって生成されたかどうかを知ることが重要と考えていることが分かりました。アドビのアプリケーション内でAIを使用する際の透明性を提供するため、Adobe PhotoshopのすべてのAdobe Firefly機能は、生成されたコンテンツにリンク ») ">コンテンツクレデンシャルを自動的に付与します。デジタルコンテンツの成分表示ラベルのように、コンテンツクレデンシャルは改ざん検知可能なメタデータで、作成または編集プロセスでAIが使用されたかどうかなど、コンテンツに関する詳細な情報を提供できます。

コンテンツクレデンシャルは、C2PAオープンスタンダードに基づいて構築され、アドビが主導するリンク ») ">Content Authenticity Initiative(コンテンツ認証イニシアチブ、CAI) によってサポートされており、デジタルエコシステムの信頼性の向上のために2019年に設立されました。現在、CAIはテック、政策、メディア企業、クリエイティブプロフェッショナル、研究者など2,500以上のメンバーを擁するグローバル連合に成長し、デジタルコンテンツに透明性を持たせるために全員が協力しています。

提供開始時期
Adobe Photoshopの最新機能は、Adobe Photoshop(ベータ版)デスクトップアプリで本日からご利用いただけます。 また一般提供開始時期につきましては今年中を予定しています。

■「アドビ」について
アドビはデジタル体験を通じて世界に変革をもたらします。
アドビに関する詳細な情報は、webサイト( (リンク ») )をご覧ください。

(C) 2024 Adobe. All rights reserved. Adobe and the Adobe logo are either registered trademarks or trademarks of Adobe in the United States and/or other countries. All other trademarks are the property of their respective owners.

プレスリリース提供:PR TIMES (リンク »)
本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

アドビ株式会社の関連情報

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

ZDNET Japan クイックポール

マイナンバーカードの利用状況を教えてください

NEWSLETTERS

エンタープライズコンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]