トヨタユーゼック、中古車オークション業務基幹システムをOracle Cloud Infrastructureに集約

日本オラクル株式会社

From: PR TIMES

2024-04-24 18:46

全社約1,000人の業務に不可欠なシステム群をOracle Exadata Database Serviceで統合し、事業成長に合ったシステムへの刷新とオークション運営業務の効率化を支援

日本オラクル株式会社(本社:東京都港区、取締役 執行役 社長:三澤 智光)は本日、株式会社トヨタユーゼック(本社:千葉県千葉市、代表取締役社長:北口 武志)が同社のオートオークション業務の基幹システム基盤として「Oracle Cloud Infrastructure(OCI)」を導入したことを発表します。全社約1,000人が利用するオークション業務の基幹システムを「Oracle Exadata Database Service」で集約し、東京、大阪リージョンを活用した災害対策(DR)構成により、運用負荷とコストを軽減しながら、大幅な性能向上による安定したオートオークション運営と業務の効率化を支援しています。

東京 - 2024年4月24日

日本オラクル株式会社(本社:東京都港区、取締役 執行役 社長:三澤 智光)は本日、株式会社トヨタユーゼック( (リンク ») )(本社:千葉県千葉市、代表取締役社長:北口 武志)が同社のオートオークション業務の基幹システム基盤として「Oracle Cloud Infrastructure(OCI)( (リンク ») )」を導入したことを発表します。全社約1,000人が利用するオークション業務の基幹システムを「Oracle Exadata Database Service( (リンク ») )」で集約し、東京、大阪リージョンを活用した災害対策(DR)構成により、運用負荷とコストを軽減しながら、大幅な性能向上による安定したオートオークション運営と業務の効率化を支援しています。

トヨタユーゼックは、1955年にトヨタ自動車グループの中古車販売・流通を担う中古車専門の会社として創業し、日本初のオートオークションを開催するなど、業界でも先駆的な事業を展開しています。中核となるオートオークション事業は、取り扱い中古車台数やオークション会場の増加が市場シェアや業績に比例し、車両検査と評価システムの公平性が取引の信頼性に影響します。そのため、オートオークション業務に関するシステムは、事業の成長過程で都度進化を図ってきました。2005年からは業務基幹システムとして「TOMAS(TAA On Demand MAnagement system)」を稼働し、セリ業務、勘定業務、車両管理、会員管理、画像管理、データ中継などのオークションに関わるあらゆる業務を一元管理し、全従業員約1,000名の中古車オークション業務の平準化と効率化を図っています。今回、現在全国16会場(サテライト会場 5会場含む)まで拡大しているオートオークション事業の今後の継続的な成長を見据え、「TOMAS」のシステム基盤刷新にOCIを採用し、アプリケーション・サーバー群を移行するとともに、分散したデータベース環境を「Oracle Exadata Database Service」へ集約しました。

「TOMAS」は、オークション運営に関わるあらゆる業務を担う基幹システムとして、オンプレミス環境で稼働するオークション会場のセリ・システムやWeb上の中古車オークション・サイトと緊密に連携し、全てのシステムのマスターデータを管理しています。高い処理性能と安定した稼働を維持するため、これまでは「Oracle Real Application Clusters(RAC)( (リンク ») )」を使用し、オンプレミス環境の「Oracle Database」上で稼働していました。システム基盤刷新では、オークション事業成長に伴うデータやトランザクション数の増加にも柔軟に対応しながら、性能向上と運用負荷軽減による業務効率向上を目指し、パブリック・クラウドへの移行を検討しました。複数のパブリック・クラウドを比較した結果、「Oracle Database」の移行性、すでに社内業務の基幹システムとして活用していた「Oracle Exadata Database Service」の性能と安定性、高いデータベースの集約率によるコスト・メリット、東京、大阪リージョンを活用したDR構成が可能なことから、OCIを選定しました。

「TOMAS」のシステム基盤刷新プロジェクトは、日本オラクルのコンサルティング・サービス部門の設計、移行支援のもと、株式会社フルエナジーが行いました。2022年4月から設計を開始し、東京リージョンでの本番環境と大阪リージョンでのDR環境の構築、データベースおよびアプリケーションの移行、検証などの工程を経て、2023年1月にOCIへ切り替えを完了しています。システムを利用する従業員への影響を最小限にしながら、開始から稼働開始まで約10カ月という短期間でプロジェクトを完了しています。

新しい基盤での稼働後は、システム全体の安定性を維持しながら、性能が劇的に向上しました。アプリケーションのレスポンスでは180分かかっていたジョブが20分に短縮化されるなど、処理スピードが最大で9倍向上しています。また、「Oracle Database」の「Oracle Multitenant( (リンク ») )」を活用し、分散データベース環境を集約することで、運用負荷の軽減も図っています。コスト面では、「Oracle Exadata Database Service」でのデータベース・インフラ環境の高い集約率によるコスト削減に加え、パブリック・クラウドの柔軟なCPUリソースの増減により利用コストを最適化し、全体コストの削減を図っています。これまでの安定性、可用性を維持しながら、性能、運用効率向上を実現し、BCP対策も強化することで、オークション事業とそれを支えるITの業務効率を向上し、今後の事業拡大と成長に対応するシステムへの刷新を実現しています。

本発表に向けたお客様からのコメント:
「『TOMAS』は当社の中核業務の基幹となる極めて重要なシステムで、このシステムが安定稼働していなければオートオークションの事業は成り立ちません。データやトランザクションの増加にも安定稼働を維持するには、人もコストも必要になります。今回、このシステム基盤をOCIで刷新しDR環境も構築したことで、性能、運用、コスト、BCP対策など、オークション業務運営に多くのメリットがもたらされています。想定よりも短期間で切り替えまで進められたことにも満足しています。今後もOCIのツールやサービスを活用し、常に先駆的なサービス提供を目指していきます。」
株式会社トヨタユーゼック 情報システム 部長 押切 玲 氏


日本オラクルについて
私たちのミッションは、人々が新たな方法でデータを理解し、本質を見極め、無限の可能性を解き放てるよう支援していくことです。データ・ドリブンなアプローチにより情報価値を最大化するクラウド・サービス、それらの利用を支援する各種サービスを提供しています。オラクル・コーポレーションの日本法人。東証スタンダード市場上場(証券コード:4716)。URL (リンク »)

オラクルについて
オラクルは、広範かつ統合されたアプリケーション群に加え、セキュリティを備えた自律型のインフラストラクチャをOracle Cloudとして提供しています。オラクル(NYSE:ORCL)に関するより詳細な情報については、 (リンク ») をご覧ください。

商標
Oracle、Java、MySQL及びNetSuiteは、Oracle Corporation、その子会社及び関連会社の米国及びその他の国における登録商標です。NetSuiteは、クラウド・コンピューティングの新時代を切り開いたクラウド・カンパニーです。

プレスリリース提供:PR TIMES (リンク »)
本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

日本オラクル株式会社の関連情報

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. セキュリティ

    「デジタル・フォレンジック」から始まるセキュリティ災禍論--活用したいIT業界の防災マニュアル

  2. 運用管理

    「無線LANがつながらない」という問い合わせにAIで対応、トラブル解決の切り札とは

  3. 運用管理

    Oracle DatabaseのAzure移行時におけるポイント、移行前に確認しておきたい障害対策

  4. 運用管理

    Google Chrome ブラウザ がセキュリティを強化、ゼロトラスト移行で高まるブラウザの重要性

  5. ビジネスアプリケーション

    技術進化でさらに発展するデータサイエンス/アナリティクス、最新の6大トレンドを解説

ZDNET Japan クイックポール

所属する組織のデータ活用状況はどの段階にありますか?

NEWSLETTERS

エンタープライズコンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]