「WorksWay 2024 不退転」 伊藤レポートとDXレポートの生みの親が登壇 7月18日、19日にオンライン開催

株式会社ワークスアプリケーションズ

From: PR TIMES

2024-05-07 15:16

 株式会社ワークスアプリケーションズ(本社:東京都千代田区、代表取締役最高経営責任者:秦修、以下 WAP)は、企業価値を最大化するための社内外資本の戦略術をテーマとしたビジネスフォーラム「WorksWay 2024 不退転」を2024年7月18日(木)19日(金)の2日間、オンライン開催いたします。今年の基調講演には一橋大学の伊藤邦雄氏と経済産業省の和泉憲明氏が登壇されます。



[画像1: (リンク ») ]


WorksWayとは


 WorksWayという名前には、私たちの理念が込められています。それは、「働く」という概念を変え、仕事をより創造的なものにし、企業の生産性を高め、企業価値を拡大することです。そして、お客様の成長が私たちの成長であり、その成長に貢献することを目指しています。これがお客様と共に歩むべき道、WorksWayです。
 
 今年のメインテーマは「不退転」です。これは仏教の智慧であり、信念を持ち、どのような困難にも退かずに突き進み、むしろ攻撃に転じる姿勢が重要という意味を表します。その際、成否を決めるのは、人材やデータといった社内資本、先進ITサービス・ソリューションをはじめとする社外資本の活用です。本イベントでは「不退転」で日本企業の企業価値を最大化させるための戦略術をお届けします。

イベントみどころ


(1)基調講演
  基調講演には一橋大学の伊藤邦雄氏と経済産業省の和泉憲明氏が登壇されます。
[画像2: (リンク ») ]


<Day1>「企業力の差を生み出す人的資本経営」
概要:「人的資本経営」の重要性が認識されつつありますが、企業ごとに取り組みの差があります。全社が本気で取り組むかどうかが企業の力を左右します。おそらく、企業変革を選択するか、それとも既存のやり方を続けるか、という選択が求められています。
講演者名:伊藤 邦雄氏/一橋大学CFO教育研究センター長
     (PDS寄付講座・競争戦略)
プロフィール:一橋大学商学部卒業後、教授や大学院商学研究科長、副学長を歴任。一橋大学名誉教授。現在は同大学CFO教育研究センター長。商学博士であり、2014年に座長として経済産業省の「伊藤レポート」をまとめる。


[画像3: (リンク ») ]


<Day2>「DXの本質を捉え、アジャイル経営で実現するデジタル変革」
概要:DXを目的化せず、真の変革を成し遂げるには何が必要でしょうか?本講演では、DXの本質を理解し、アジャイル経営を導入することで実現できる、持続的なデジタル変革について解説します。
講演者名:和泉 憲明氏/経済産業省 
     商務情報政策局 情報経済課
     アーキテクチャ戦略企画室長
プロフィール:静岡大学情報学部 助手、産業技術総合研究所(産総研)サイバーアシスト研究センター研究員、産総研情報技術研究部門・上級主任研究員などを経て平成29年8月より経済産業省商務情報政策局情報産業課企画官、令和2年7月より現職。

(2)協賛パートナー、外部有識者による特別セッション
 「WorksWay 2024 不退転」は、日本マイクロソフトと日本リミニストリートがDIAMONDスポンサーとして協賛します。

日本マイクロソフトは、生成AIとERP(基幹業務システム)の組み合わせに焦点を当て、最新の生成AI技術を組み込んだCopilot for Microsoft 365とHUEによるデモンストレーションを通じて、生成AIが業務効率を向上させ、ビジネスインサイトを提供する方法を具体的に明らかにします。日本リミニストリートは、IT予算や人材不足などの課題に直面しながらも、優先事項に基づいた投資と人材の配置、システムライフサイクルの見直しや適切な予算配分をしつつ、堅牢でセキュアなITロードマップを実現する手法をご紹介します。

 外部講演では、日本CFO協会、コクヨ株式会社執行役員の本田氏による経理部門向けのFP&Aに関するセッションや、日本総合研究所の村上氏による経営企画部門向けのESG面からの企業価値向上に関するセッションなど、様々な部門の方に向けた企業価値の最大化に役立つセッションが予定されています。

イベント概要


名称:「WorksWay 2024 不退転 - 企業価値を最大化するための、社内外資本の戦略術-」
会期:2024年7月18日(木)~2024年7月19日(金)
会場:オンライン開催
参加費用:無料
参加方法:WorksWay 2024特設サイト( (リンク ») )より、お申込みいただけます。
     (事前登録制)
協賛企業(五十音順): 
DIAMOND 
日本マイクロソフト、日本リミニストリート
PLATINUM 
アマゾンジャパン合同会社、日本CFO協会
GOLD
エイアイエムコンサルティング株式会社、株式会社ワークスアプリケーションズ・フロンティア、国分ビジネスサポート株式会社
MEDIA
ITmediaエンタープライズ、IT Leaders、ZDNET、TECH+、ビジネスフォーラム、ビジネス+IT

◆イベントお申込みに関する問い合わせ先
WorksWay 2024事務局
Email:worksway2024@worksap.co.jp

◆報道関係者の方へ
講演者への個別インタビューなどをご希望の方は、下記までお問い合わせください。
株式会社ワークスアプリケーションズ 広報
TEL:03-3512-1400 FAX:03-3512-1401
Email:pr@worksap.co.jp

ワークスアプリケーションズについて


ワークスアプリケーションズは、1996年の創業以来、日本発の業務アプリケーションのパッケージソフトウェア会社として、主に国内の大手企業向けに製品・サービスを提供してまいりました。「働く」の概念を変え、仕事をより創造的なものへ、企業の生産性を高め、企業価値を拡大する、この企業理念のもと、ERPを軸としたソリューションプロバイダーとして、大手企業に加えて中堅・中小・スタートアップ企業のDX推進のパートナーとなれるよう、さらなる発展を目指していきます。

株式会社ワークスアプリケーションズ サイト  (リンク »)
*会社名、製品名およびサービス名は各社の商標または登録商標です。
*本リリースに掲載された内容は発表日現在のものであり、予告なく変更または撤回される場合があります。また、本リリースに掲載された予測や将来の見通しなどに関する情報は不確実なものであり、実際に生じる結果と異なる場合がありますので、予めご了承ください。

プレスリリース提供:PR TIMES (リンク »)
本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. セキュリティ

    「デジタル・フォレンジック」から始まるセキュリティ災禍論--活用したいIT業界の防災マニュアル

  2. 運用管理

    「無線LANがつながらない」という問い合わせにAIで対応、トラブル解決の切り札とは

  3. 運用管理

    Oracle DatabaseのAzure移行時におけるポイント、移行前に確認しておきたい障害対策

  4. 運用管理

    Google Chrome ブラウザ がセキュリティを強化、ゼロトラスト移行で高まるブラウザの重要性

  5. ビジネスアプリケーション

    技術進化でさらに発展するデータサイエンス/アナリティクス、最新の6大トレンドを解説

ZDNET Japan クイックポール

所属する組織のデータ活用状況はどの段階にありますか?

NEWSLETTERS

エンタープライズコンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]