試験に備えよう! ベーシック試験出題範囲「ビュー開発」解説

BOSS-CON JAPAN

2024-06-07 09:00

BOSS-CON JAPANはコラム「試験に備えよう! ベーシック試験出題範囲「ビュー開発」解説」を公開しました。
###

Rails7ベーシック試験の実施を前にして、「試験に備えよう!」というこのコラム。
第3回目も出題範囲の概要、抑えておきたいことを解説します。今回はRailsアプリケーション開発で最も重要と言える3つの要素、「ビュー」「モデル」「コントローラー」のうち、「ビュー開発」について取り上げます。

この記事はベータ試験の内容を扱っています。ベータ試験の結果、試験内容が調整され、それに伴いこの記事が更新される可能性もあります。予めご承知おきください。(2024年5月31日)

「ビュー開発」
出題範囲「ビュー開発」では、Action View、レイアウトやビューヘルパーについて全体の20%の割合で出題されます。
Webアプリケーションにおけるビューは、ユーザーがスマートフォンやPCなどのWebブラウザで実際に見て、触れる要素です。
見栄え良く、かつユーザーに取って扱いWebアプリケーションを効率的に開発するためのRailsの仕組みについて学習しておきましょう。

この続きは以下をご覧ください
(リンク »)
本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

ZDNET Japan クイックポール

所属する組織のデータ活用状況はどの段階にありますか?

NEWSLETTERS

エンタープライズコンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]