ウイングアーク、企業データを有効活用する新製品「Dr.SumEA Reporting Server 1.2」を出荷

CNET Japan Staff 2005年12月21日 19時24分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ウイングアーク テクノロジーズは12月21日、企業システムで蓄積されるデータを高速に集計/加工し、ビジネスの現場で有効な情報として活用するためのソフトウェア製品「Dr.SumEA Reporting Server 1.2」の出荷を開始することを発表した。

 Dr.SumEA Reporting Server 1.2は、多次元高速集計検索エンジン「Dr.Sum EA(ドクター・サム・イーエー)」に、ブラウザからアクセスできる環境を提供するアプリケーションソフト。最新版では、経営コックピットとして活用できるサーバソフト「Dr.SumEA Visualizer(ドクターサム・イーエー・ビジュアライザー)」を呼び出し、集計結果にグラフを表示させる「Chart Option」を搭載している。

 価格は、1サーバ/1CPUあたり50万円(税別)。ウイングアークおよびビジネスパートナー経由で、初年度300セットの販売を見込んでいる。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
ビジネスアプリケーション

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

  • ビジネスの継続的な成長を促す新たなITのビジョン

    多くの企業においてITに求められる役割が、「守り」のコスト削減から「攻め」のビジネス貢献へとシフトしつつある。その中でIBMが提唱する新たなビジョンEnterprise Hybrid ITとは?

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つプレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!