編集部からのお知らせ
新型コロナ禍が組み替えるシステム
テレワーク関連記事一覧はこちら

ウイングアーク、StraForm-Xに複合ドキュメント機能を追加

CNET Japan Staff

2005-12-09 08:54

 ウイングアークテクノロジーズは12月8日、情報共有のために業務文書をウェブ化するツール「StraForm-X(ストラフォームエックス)」に「複合ドキュメント機能」を追加したことを発表した。標準価格は、10万円〜50万円。同日より出荷を開始する。

 StraForm-Xは、紙やMicrosoft Excel/Wordなどの申請書、報告書のほか、あらゆる業務文書/帳票を、現在使用している仕様のままノンプログラミングでHTML化できるツール。入力したデータはXML仕様でサーバに蓄積されるため、柔軟な検索が可能になる。

 今回発表された複合ドキュメント機能は、StraForm-Xで作成した複数のドキュメントから必要なデータを指定し、指定したデータから新たなドキュメントを生成する機能。たとえば、損害保険業界で保険料の支払いが発生する際、保険申込書、事故報告書、保険金支払書の3種類のドキュメントから、新たな管理ドキュメントを作成したい場合などに、複数のドキュメントに紐付くデータを組み合わせて新規ドキュメントを作成することができる。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]