NTTデータ、相手がどういう状態にあるかがわかる「統合プレゼンスシステム」を開発--秋に商品化の予定

CNET Japan Staff 2006年07月27日 15時20分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 NTTデータは7月26日、相手の状態・居場所・時間などの状態情報をグループで共有することでコミュニケーションの活性化をはかる「統合プレゼンスシステム」を開発し、7月より社内4000人を対象に試験運用を開始したと発表した。

 統合プレゼンスシステムは、無線IP電話機、ソフトフォン、固定IP電話機、PCなどのITデバイスから得られる状態情報を自動的に検知・収集し、状況分析エンジンによってIT機器所有者のプレゼンス(在席中、退席中、外出中など)を推論、電子電話帳を通じて利用者に提供する。

 利用者は、電子電話帳で相手のプレゼンスを確認することで、電話や電子メールなどの中から最適なコンタクト手法を選択したり、コンタクトするタイミングを判断できる。また、IP電話との連動により、電子電話帳からワンクリックで相手に電話をかけることも可能だ。

 NTTデータでは、試験導入の結果を分析し、2006年秋に「VANADIS統合プレゼンスサービス」として商品化し、販売を開始する予定。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
ビジネスアプリケーション

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つプレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!

  • 「奉行シリーズ」の電話サポート革命!活用事例をご紹介

    「ナビダイヤル」の「トラフィックレポート」を利用したことで着信前のコール数や
    離脱数など、コールセンターのパフォーマンスをリアルタイムに把握するに成功。詳細はこちらから