マイクロソフト、プレゼンス認識技術のコードを公開

Matt Hines (CNET News.com) 2005年08月29日 12時20分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Microsoftは、自社のコラボレーションエンジンに対するサポートを拡大するため、会社の同僚がオンライン状態であるかどうかを確認する技術を競合企業に提供しようとしている。

 Microsoftは米国時間25日、他のソフトウェアメーカーが同社の「Office Live Communications Server(LCS) 2005」の情報を利用できるようにするサンプルコードをリリースした。LCS製品は、プレゼンス情報を提供するもの。プレゼンス情報とは、同僚がオンラインであるかどうか、チャットやその他のオンラインコミュニケーションが可能かどうかといった事柄に関する情報である。

 Microsoftによれば、BrightWork、K2.net、Meridio、OSIsoft、Siebel Systems、Singularityなどのビジネスアプリケーション企業が、同技術を利用した製品の開発にすでに取り組んでいるという。今回の動きは、Microsoftが進めるリアルタイムコラボレーション(RTC)に関する取り組みの一環である。この取り組みの目的は、Microsoftのコミュニケーションソフトウェアを各種のビジネスツールに組み込ませていくことだ。

 Microsoftがリリースしたコードを利用することで、アプリケーションメーカーは、同僚がコンピュータにログオンしたかどうかを判別するプレゼンス認識機能を、自社製品に追加できるようになるという。これはちょうど、従来のインスタントメッセージング(IM)ソフトウェアなどを利用している際に、連絡相手のオンライン状態を確認できるのと同じようなものだ。またMicrosoftは、同社の「Visual Studio」で作成された同コードを組み込めば、プロジェクト管理アプリケーションを操作している人々向けにカスタマイズした、IMインターフェースを開発することが可能になると述べている。

 Microsoftと競合するIBMやOracleも、先ごろ新たなコラボレーションソフトウェアをリリースした。

 Microsoftが提供する職場向けコラボレーションソフトウェアのコードはこのほかに、同僚がチームプロジェクトにアクセスしたり、作業を完了させたりした場合にそれぞれ異なるタイプのアラートを自動的に発するためのものや、顧客が要求するサービスを処理する際の社員の個々の役割に基づいて、IMセッションを構築するためのものなどがある。

 CRM(Customer Relationship Management)専門企業Siebel Systemsは例えば、Microsoftのコラボレーションツールを自社の最新のアプリケーションに利用して、企業がさまざまな種類のアカウント情報を効率的に共有できるようにしているという。

 Microsoftの幹部は、大企業の大半が、コラボレーションツールを活用して生産性を向上させる新たな方法を模索し、物理的な立地に左右されない「リアルタイムな職場環境」を作り出そうとしていると語る。Microsoftでは、ソフトウェアメーカーにコラボレーションアプリケーション開発用のプラットフォームを提供することで、そうしたシステムの配信におけるMicrosoftのサーバソフトウェアの存在感を高めようともくろんでいる。

この記事は海外CNET Networks発のニュースを編集部が日本向けに編集したものです。海外CNET Networksの記事へ

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事を読んだ方に

関連キーワード
ビジネスアプリケーション

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

連載

CIO
トランザクションの今昔物語
研究現場から見たAI
Fintechの正体
米ZDNet編集長Larryの独り言
大木豊成「仕事で使うアップルのトリセツ」
山本雅史「ハードから読み解くITトレンド放談」
田中克己「2020年のIT企業」
松岡功「一言もの申す」
松岡功「今週の明言」
内山悟志「IT部門はどこに向かうのか」
林 雅之「デジタル未来からの手紙」
谷川耕一「エンプラITならこれは知っとけ」
大河原克行「エンプラ徒然」
内製化とユーザー体験の関係
「プロジェクトマネジメント」の解き方
ITは「ひみつ道具」の夢を見る
セキュリティ
「企業セキュリティの歩き方」
「サイバーセキュリティ未来考」
「ネットワークセキュリティの要諦」
「セキュリティの論点」
スペシャル
課題解決のためのUI/UX
誰もが開発者になる時代 ~業務システム開発の現場を行く~
「Windows 10」法人導入の手引き
ソフトウェア開発パラダイムの進化
エンタープライズトレンド
10の事情
座談会@ZDNet
Dr.津田のクラウドトップガン対談
展望2017
Gartner Symposium
IBM World of Watson
de:code
Sapphire Now
VMworld
Microsoft WPC
Microsoft Connect()
HPE Discover
Oracle OpenWorld
Dell EMC World
AWS re:Invent
AWS Summit
PTC LiveWorx
より賢く活用するためのOSS最新動向
古賀政純「Dockerがもたらすビジネス変革」
中国ビジネス四方山話
ベトナムでビジネス
米株式動向
日本株展望
企業決算