クレハ、本社と仙台営業所をIPセントレックスで統合--沖電気の「SS9100」を利用

ニューズフロント 2006年08月21日 16時54分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 沖電気工業は8月21日、化学製品メーカーのクレハの本社と仙台営業所をつなぐ企業内IPセントレックスシステムを構築したと発表した。システム構築には、グループ会社の沖ウィンテックも協力した。

 クレハは、2005年10月の本社移転時に沖電気のIPテレフォニーサーバ「IP CONVERGENCE Server SS9100」を導入し、同サーバに接続したIP多機能電話機500台を業務に利用している。今回、このIP電話システムを拡張し、本社と仙台営業所を接続した。

 仙台営業所のシステムは、本社にあるSS9100の管理下とし、13台のIP多機能電話機を設置。同システムのLAN配線は、IP電話用の音声系とPCなど用のデータ系の2系統に分かれている。そのため、データ通信量が増えても音声通話に影響せず、QoS機能対応スイッチを用いる必要がないことから、構築段階でコストを削減できた。

 今後、クレハでは、この同IPセントレックスシステムを全国28拠点に拡大する計画だ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つ
    プレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!

  • 「奉行シリーズ」の電話サポート革命!活用事例をご紹介

    「ナビダイヤル」の「トラフィックレポート」を利用したことで着信前のコール数や
    離脱数など、コールセンターのパフォーマンスをリアルタイムに把握するに成功。詳細はこちらから