編集部からのお知らせ
新着記事まとめ:アジャイル開発が支えるDX
新しい働き方の関連記事はこちら

沖電気とNEC、日立の3社、VoIPセキュリティ技術者向け資格制度を共同運営

ニューズフロント

2006-03-02 16:11

 沖電気工業、NEC、日立製作所の3社は3月2日、沖電気のIP電話普及推進センタ(IPTPC)によるIP電話技術者向け資格制度「IPTPC VoIP認定技術者資格制度」を共同運営すると発表した。

 IPTPCが認定技術者資格として「VoIPセキュリティ資格」を新設し、これに対応する「VoIPセキュリティ研修」と「VoIPセキュリティ試験」を同日に開始した。

 IPTPCは、VoIPシステムのセキュリティに通じた技術者を育成するため、VoIPセキュリティ資格を新設した。音声とデータを統合するセキュリティソリューション技術の認定資格と教育プログラムであり、「データ系セキュリティSEはVoIPセキュリティ設計から運用までを短時間で学習でき、音声系SEはセキュリティを基礎から学べる」(3社)。

 同資格を取得すると、音声とデータを統合するネットワークにおいて、設計から運用まで一連のセキュリティ対策業務を実施可能になる。

 なお、IPTPCでは、「今後もIP電話システムのみならず、広く音声/データ統合ネットワークソリューションにかかわる技術者、ビジネスパーソンの教育サービスにおける貢献を目指す」としている。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]