日本BEA、SOA対応のBPMスイート製品「BEA AquaLogic BPM Suite 5.7」の出荷を開始

山下竜大(編集部) 2006年10月18日 11時49分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 日本BEAシステムズは10月17日、SOA対応のビジネスプロセス管理(BPM)スイート「BEA AquaLogic BPM Suite 5.7」の出荷を、2006年10月18日より開始することを発表した。この製品は、BEAが2006年3月に買収したFuegoのBPMソフトウェアをベースにBEAが機能強化を行った製品。

  BEA AquaLogic BPM Suite 5.7は、複数の組織、システム、アプリケーションにわたる動的なビジネスプロセスを作成、実行、最適化するBPMスイート製品。ビジネスプロセスとITシステムの複雑性を切り離し、SOAが持つ潜在的な能力を最大限に引き出すことが可能。ビジネスとITの俊敏性を高めながら、より柔軟なIT基盤を構築できる。

 同製品は、BEA AquaLogic Business Service Interaction製品群の基盤としての役割も持ち、「BEA AquaLogic BPM Designer」「BEA AquaLogic BPM Studio」「BEA AquaLogic BPM Enterprise Server」の3製品で構成される。

 なお、BEA AquaLogic BPM Suite 5.7の60日間無料評価版が、日本BEAのウェブサイトからダウンロードできる。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
経営

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つプレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!

  • 「奉行シリーズ」の電話サポート革命!活用事例をご紹介

    「ナビダイヤル」の「トラフィックレポート」を利用したことで着信前のコール数や
    離脱数など、コールセンターのパフォーマンスをリアルタイムに把握するに成功。詳細はこちらから