大塚商会とMS、中規模・中小規模向けシステム継続支援で協業

CNET Japan Staff 2007年02月09日 22時26分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 大塚商会とマイクロソフトは2月8日、中規模・中小企業向けのシステム継続支援ソリューション「Windows FTソリューション」の提供で協業すると発表した。

 同ソリューションは、大塚商会が提供するアプリケーションおよびサポートと、NECや富士通が提供するWindows Server 2003 R2 Enterprise Edition搭載のフォールト・トレラント(FT)対応サーバを組み合わせて提供する。

 今回の協業では、マイクロソフトが大塚商会のアプリケーションおよびサポートをFT対応サーバで実現するための技術支援を行うほか、マーケティング活動でも協力する。

 提供されるサービスには、コンサルティング関連としてストレージ導入設計、バックアップ導入設計、クラスタ導入設計などがあり、保守関連ではFTサーバハード保守、サーバ運用支援、バックアップソフト運用支援などが用意されている。

 ハードウェアを含めたサポートなどで初年度2億4000万円の販売を目指す。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
運用管理

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

  • 「奉行シリーズ」の電話サポート革命!活用事例をご紹介

    「ナビダイヤル」の「トラフィックレポート」を利用したことで着信前のコール数や
    離脱数など、コールセンターのパフォーマンスをリアルタイムに把握するに成功。詳細はこちらから

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つプレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!