【日立ソリューションズ】「幸田真音のマイン・スコープ 第3回 経済小説に経済の「今」を読む ―もしも、今とは違う結果を望むのなら? その2」を公開しました

株式会社日立ソリューションズ 2011年02月10日

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

米国系金融機関の債券ディーラーとしてのキャリアを持つ経済小説家・幸田真音さん。ディーラー時代の経験や作品執筆のための取材を通して見聞きした内容は、メディアからの情報だけではなかなか知ることのできないリアルな「今」を伝えてくれます。本コラムでは作家としての視点を通して金融業界、経済状況、また社会の動きを読み解きます。
ビジネスにもより深い視点を与えてくれる、「マイン・スコープ」をぜひ覗いてみてください。
(»リンク)


第3回は、「経済小説に経済の「今」を読む —もしも、今とは違う結果を望むのなら? その2 」です。

日本の国債に向けられる国内外の眼は厳しく、先日も日本国債の格下げのニュースが報じられたばかりです。財政赤字に苦しむ先進国の中で、日本はどのような道を辿るべきなのかを考えます。

(»リンク)

企業ブログ

株式会社日立ソリューションズの企業ブログ一覧へ

関連記事

株式会社日立ソリューションズの記事一覧へ

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]