ナレッジマネジメント フォーラム2006-知本経営の衝撃-

日本経済新聞社 2006年03月10日

開催場所: 東京

開催日:  2006年4月11日

申込締切日: 2006年4月10日

●プログラム
◎コンファレンス:9:00~12:10(受講料:15,000円〔税込〕、事前登録制)
【9:00~10:10】 基調講演
「知的資産の情報化と企業活動におけるパートナーシップ」
早稲田大学ビジネススクール経営専門職大学院(MBA担当)教授 花堂 靖仁 氏   【10:20~11:20】 講演1
「お客様の個々のニーズに応えるGlobal SCMを支えるナレッジマネジメント」
株式会社リコー 取締役 専務執行役員 CINO、CIO 遠藤 紘一 氏
【11:20~12:10】 講演2
「経験に裏打ちされたナレッジ共有から技術継承・意識改革」
株式会社大林組 IT戦略企画室長 金井 章男 氏

◎アドバンストセッション、ワークショップ(受講無料、事前登録制)
内部統制、コンプライアンス、2007年問題への対応、情報の可視化、イントラブログの活用、最新の検索技術、文書管理、テキストマイニングなどをキーワードに知的資産を活用し、ナレッジマネジメントを成功させるための具体的なソリューションを主要ベンダーが解説します。全18講座。
「知」の共有、管理、統制、伝承に関連する情報が満載です。
その他、12:00~17:30まで展示コーナー(入場無料、事前登録の必要はありません)も同時開催します。

関連情報へのリンク »

日本経済新聞社の関連情報

日本経済新聞社

日本経済新聞社の記事一覧へ

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

SpecialPR

  • ビジネスの継続的な成長を促す新たなITのビジョン

    多くの企業においてITに求められる役割が、「守り」のコスト削減から「攻め」のビジネス貢献へとシフトしつつある。その中でIBMが提唱する新たなビジョンEnterprise Hybrid ITとは?

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つ
    プレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!