教育ソリューションフェア<講演・セミナーと研修施設見学会>

株式会社大塚商会 2006年08月24日

開催場所: 千葉

開催日:  2006年10月11日

申込締切日: 2006年9月25日

日本版SOX法をはじめとする内部統制の対応の必要性から、人材育成のあり方を総合的に考え構築する必要があります。セミナーでは、強い組織を作るための人材育成に焦点を絞り、いま注目の講師陣が講演します。
また、セミナー開催地の研修施設「αプラザ」と宿泊研修に最適な大塚商会直営ホテルのご見学、戦略的人材育成をトータルにサポートする大塚商会の教育支援サービスもご紹介いたします。

  基調講演   10:30 ~11:50
■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■ 国際水準から見た日本の危機管理
■            -日本の組織と人材を機能させるために-

■     講師 小川 和久 氏 (おがわ・かずひさ)
■     株式会社危機管理総合研究所  代表取締役研究所長
■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

[講師プロフィール]
1945年生まれ。熊本県八代市出身。日本海新聞記者の後、週刊誌『週刊現代』
の記者となり9年間にわたって政治・社会問題を担当。1984年、日本初の軍事
アナリストとして独立する。以後、国際平和問題、防災関係の各種委員会、
研究会委員を務める。テロ・紛争、危機管理に関する著書を多数執筆。

■ 同時開催 セミナー紹介 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【セミナーA】 13:10~14:05
企業国際化のためのコミュニケーション能力開発 -企業国際化の3つの課題-
   講師:株式会社パンネーションズコンサルティンググループ 杉田 一恵 氏
────────────────────────────────
【セミナーB】 13:10~14:05
" 成功する女性戦力化 " 「WILLとCOACHの組織づくり」
女性社員を活用するためにファーストステージで重要な企業としての
強い意志と継続的支援とは
  講師 :株式会社ザ・アール
────────────────────────────────
【セミナーC】 14:20~15:15
eラーニングによる積極的な人材育成の事例 -成功するeラーニングの秘訣-

  講師:株式会社ネットラーニング  取締役常務執行役員 吉田 俊明 氏
────────────────────────────────
【セミナーD】 14:20~15:15
経営戦略としての人材育成・我が社の人材育成事情
  -営業力拡大はツールの活用と人材育成にあり-

  講師:株式会社大塚商会 人事部人材開発課 課長 白井 博正
────────────────────────────────

■ 開催日 :2006年10月11日(金) 10:00 ~ 17:00
■ 参加費 : 無料 ( 事前登録制 ) 【昼食付き】
      ※現地までの交通費、体験宿泊希望者は別途宿泊費負担
■ 主 催 : 株式会社大塚商会
■ 会 場 : ホテル一宮シーサイドオーツカ・αプラザ【千葉・上総一宮】
       〒299-4392 千葉県長生郡一宮町一宮10000番地
■定員数 :100名(1社2名様まで)
      ※ 定員になり次第締め切らせていただきます。
■対 象 : 企業の経営者、人事・採用・人材育成のご担当者様

【フェア 概要】
・人材開発・教育をテーマとしたセミナー実施(基調講演+4テーマ開催)
・人材開発・研修ご担当者 交流会
・各社人材開発・研修ご担当者同士の情報交換
・大塚商会からの教育コンサルティング
・研修施設αプラザおよびおよびホテル一宮シーサイドオーツカ施設見学
・ホテル一宮シーサイドオーツカ体験宿泊(有料)
・宿泊希望者は【優待料金[1泊2食付\7,000(税込)] 】にてご宿泊(先着30名様)
  ※フェアお申し込み時にご選択ください。

▼▼▼▼ お申し込み・詳細は以下の リンク をクリック ▼▼▼▼
  (リンク »)

関連情報へのリンク »

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

SpecialPR

  • ビジネスの継続的な成長を促す新たなITのビジョン

    多くの企業においてITに求められる役割が、「守り」のコスト削減から「攻め」のビジネス貢献へとシフトしつつある。その中でIBMが提唱する新たなビジョンEnterprise Hybrid ITとは?

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つ
    プレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!