効率的な組込みソフトウェア開発実践入門講座

2007年02月20日

開催場所: 東京

開催日:  2007年3月5日~3月6日

申込締切日: 2007年3月2日

近年、組込み機器の多機能化や製品ライフサイクルの短縮に伴い、
組込みソフトウェアの開発方式が大きく変化してきております。
具体的には組込み機器上のOSは従来の専用リアルタイムOSだけでなく、
組込みLinuxの利用が増加してきております。

また、開発ツールもOS付属の専用ツールだけでなく、
Eclipse等の汎用ツールを利用した開発ツールの普及が進んでおり、
これらの技術を組込みソフト開発に取り込むことにより生産性や
品質の改善が可能となります。

本講座では開発ツールとしてEclipseベースのNEC製統合開発ツールと、
株式会社コンピューテックスのJTAGエミュレータを用いて、
組込み機器上のLinuxのソフトウェア開発をグループ演習を行いながら
実践的な開発方式についてご紹介します。

詳しくはこちらを参照ください
(リンク »)

関連情報へのリンク »

のイベント

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

SpecialPR