ネットPRとソーシャルメディア

株式会社ニューズ・ツー・ユー 2007年06月26日

開催場所: 東京

開催日:  2007年7月18日

申込締切日: 2007年7月17日

急速なソーシャルメディアの台頭に、企業はどのような対策を講じればいいのでしょうか。従来のマスメディア対策や、SEO対策だけでは、不十分な時代が到来したのです。今回のセミナーは、ソーシャルメディアの最先端の動きを解説し、新しい時代のソーシャルメディア対策、ネットPRのあり方を探ります。


◆日  時: 2007年7月18日(水) 13:30~17:00
◆場  所: ベルサール九段 (東京都千代田区九段北1-8-10 住友不動産九段ビル)
◆参加費: 1,500円(税込) 
◆100名(先着)定員に到達次第申し込みを締め切ります。
◆主  催:株式会社インプレスR&D 株式会社ニューズ・ツー・ユー

【タイムテーブル】
■ 講演1 ■
「爆発するソーシャルメディア~新時代に突入するウェブ~」 講師:時事通信編集委員 湯川鶴章氏

【講演概要】ウェブのこれまでの発達経緯や米国での先行事例を見ると、ウェブのパラダイムが実は今さらにその先に進もうとしていることが分かる。新しいパラダイムとはソーシャルメディアのパラダイムである。もう間もなく訪れるであろうソーシャルメディアの時代に対し、企業は、人は、どう備えるべきなのだろうか。

【講師経歴】 時事通信編集委員。先端技術が専門。米カリフォルニア州立大学サンフランシスコ校経済学部卒業。サンフランシスコの地元紙記者を経て、時事通信社米国法人に入社。2005年5月に帰国、現職。 国際大学グローバル・コミュニケーション・センターフェロー。著書に「ウェブを進化させる人たち」、「爆発するソーシャルメディア」、「ブログがジャーナリズムを変える」。 湯川氏ブログ「湯川鶴章のIT潮流」 (リンク »)


■ 講演2 ■
「ネットPRの現場(仮)」 講師:株式会社ニューズ・ツー・ユー 代表取締役社長 神原弥奈子 氏

【講演概要】マスメディアからオンラインメディア、そしてソーシャルメディアへ。企業を取り巻く情報流通の変革にいかに対応していくか。 インターネット時代のPR=ネットPRについて具体的な事例を交えて解説します。

■ トークセッション ■
「インターネットPRとソーシャルメディア」
ゲストパネラー: 時事通信社 湯川鶴章氏、アットプレス株式会社 取締役 杉本 太一朗氏、株式会社ニューズ・ツー・ユー 取締役 平田 大治 氏

【ゲストパネラー:平田 大治 氏 経歴】
大手通信会社を経てネオテニーに参加、2000年からベンチャー投資事業に従事した。
2002年にブログに出会い、MovableTypeの日本語化、ping.bloggers.jp の運営をはじめ日本でのブログサービスの開発、運用を始め、講演、書籍の執筆などの啓蒙活動に取りくんだ。2003年には、ネオテニーから出資したシックス・アパートに参加、米国本社のVP of Technology、日本法人の技術担当執行役員として、同社の国際的な事業の立ち上げに寄与する。2007年6月より株式会社ニューズ・ツー・ユーの常勤取締役

【ゲストパネラー:杉本太一朗氏 経歴】
外資系大手IT企業にて、大規模なシステム開発プロジェクトのプロジェクト マネージャを複数経験後、ネットエイジキャピタルパートナーズ株式会社に入社。関連会社のマネージメントに複数携わり、2007年3月、アットプレス株式会社の取締役に就任。

■セミナー詳細・申し込みサイトURL → (リンク »)
■講師、講演内容などは予告なく変更することがあります。

関連情報へのリンク »

株式会社ニューズ・ツー・ユーの関連情報

株式会社ニューズ・ツー・ユー

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

SpecialPR

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つ
    プレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!

  • ビジネスの継続的な成長を促す新たなITのビジョン

    多くの企業においてITに求められる役割が、「守り」のコスト削減から「攻め」のビジネス貢献へとシフトしつつある。その中でIBMが提唱する新たなビジョンEnterprise Hybrid ITとは?