編集部からのお知らせ
ダウンロード公開中「ITが取り組むべきプライバシー」
最新記事まとめ「医療IT」

いま、メールが危ない!  『内部統制を強化するNotesメールセキュリティ』セミナー

サイバーソリューションズ株式会社

2007-08-17

開催場所: 東京

開催日:  2007-09-04

申込締切日: 2007-9-3

「金融商品取引法」(通称:日本版SOX法)が来年4月に開始されます。対象となる多くの企業では、
文書化や財務報告に関するシステムの整備により内部統制の強化が進んでおります。しかし、ビジネス
上のコミュニケーションで不可欠の存在である電子メールに対する監査の対応を十分に行っている企業
はまだ多いとは言えない状況にあります。
特に、Notes/Domino ユーザ企業においては、内部統制対応を支援するIT基盤として、Notes/Dominoの持つメール機能、データ管理、ユーザ管理機能だけでは、十分に対応できない機能があります。
当セミナーでは、その中でも特に重要なメール蓄積、監査の機能について、より多くの Notes/Domino
ユーザ様に必要性を広く理解してもらい、その対応を容易にするソリューションをご紹介いたします。
----------------------------------------------------------------------
1.Notesユーザ向け正統派メール監査のススメ
 ~最適なNotesメールの監査システムとは?~
Notes/Dominoによるメール、文書管理機能だけでは、内部統制の対応を支援する上で不十分な点ががあります。
その一つとして社内、社外メール蓄積し監査する仕組みがあります。
メール蓄積・監査システムは基本要件としてDominoサーバーに負担をかけず、必要なメールを
全て蓄積できるだけではなく、監査の必要な際には保管したメールから検索システムにより、
容易に対象のメールを取り出すことが必須です。今回は、Notes/Dominoとの親和性が高く、
検索機能の充実したMailBaseをご紹介いたします。

2.内部統制を支えるITプラットホーム
内部統制を支えるIT統制の目標として有効性及び効率性、準拠性、信頼性、可用性、機密性があります。
これを基盤として支えるITプラットフォームに求められる機能と提供される最新機能にについて、
一歩先を目指したアーキテクチャーを採用したIBM System xとストレージ製品を中心にご紹介します。

3.メール監査システム「MailBase」デモンストレーション

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. クラウドコンピューティング

    AWS、Microsoft、Googleがリード!パブリッククラウドコンテナプラットフォーム市場分析

  2. ビジネスアプリケーション

    ウィズコロナ時代はあと2年は続く?!アフターデジタル時代の4つの重要ポイント

  3. セキュリティ

    2021年のサイバー脅威予測が明らかに─将来の攻撃に企業はいかに備えるべきか

  4. OS

    “テレワークだからこそ”デスクトップPCを利用すべき?!ノートPCにはない魅力の数々に迫る

  5. 運用管理

    7つの視点で解説するデータベース構築・運用ー誰でもわかるSQL Serverストレージガイド

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]