編集部からのお知らせ
解説:1st ? 2nd ? 3rd ? データ活用での選択
セキュリティの懸念高まる産業用制御機器

DB監査とコンプライアンスの最新動向 ~ Imperva SecureSphereによる対策と事例 ~

東京エレクトロンデバイス株式会社

2008-06-10

開催場所: 東京

開催日:  2008-06-18

申込締切日: 1970-1-1

コンプライアンスで先行している米国では、SOX対応が当初の文書化の段階を終わり、第二段階に入っています。

また、TJXをはじめとする大規模情報漏洩事件を契機に情報漏洩対応が急務となり、PCI DSSによるより具体的な規制対応も本格化しています。
その中で機密データや財務情報が保存されるデータベースのセキュリティは一つの焦点となっており、より実用的な監査ログの保存、データ変更の監視、データ漏洩の事前防止が導入されています。

そこで今回は米国Imperva社より講師を招き、コンプライアンス最新事情と、より強化されたSecureSphereのDB監査とセキュリティの最新機能を紹介します。

【講演】米国におけるコンプライアンス最新事情《逐次通訳》
Mark Kraynak - Senior Director, Strategic Marketing, Imperva Inc.

主催:東京エレクトロン デバイス株式会社
協賛:Imperva Japan

Imperva SecureSphere 製品情報 (リンク »)

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

Special PR

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]