IT Infrastructure Forum サーバー仮想化のトレンドの波を乗りこなす、システムの開発・検証から 実運用を見据えたシステム管理法を伝授

日本オラクル株式会社 2008年07月18日

開催場所: 東京

開催日:  2008年9月9日

申込締切日: 2008年9月9日

サーバー仮想化を自社に導入して、単なるハードウェア台数に伴うコスト削減だけで満足していませんか?

サーバー仮想化の導入の最大の目的は、古いOS資産の延命やサーバー統合によるリソースの有効活用。しかし、管理するハードウェアの台数は削減されても、運用するシステムは増加の一途。管理者は日々、複雑なシステム運用管理に頭を悩ましているのが現状です。

これからの時代は、システムのアプリケーション・ライフサイクルを考慮した、システム設計やリソースの有効活用、さらに、サービスレベルを向上させる手段を導入しなければ、勝ち残っていけない。

システムのライフサイクルにおいて、運用管理の効率化は非常に重要です。オラクルの仮想化技術 OracleVMや、オラクルの統合運用管理環境によりITインフラの運用管理はどのように変わるのか、デモンストレーションを交えて最新技術でどこまでできるのかを紹介します。

関連情報へのリンク »

日本オラクル株式会社の関連情報

日本オラクル株式会社

日本オラクル株式会社の記事一覧へ

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

SpecialPR