M3O概論セミナー「ビジネスと連携するシステム基盤の構築に向けて」

ビトリア・テクノロジー株式会社 2008年08月12日

開催場所: 東京

開催日:  2008年8月12日~8月27日

申込締切日: 2008年8月26日

【ビトリア社の新製品M3Oとは】
BPMソリューションのリーディングプロバイダーであるビトリア・テクノロジー株式会社は、このたび全く新しいBPM製品「M3O」(Model,  Manage, Monitor, Optimizeの略、エムスリーオー)の国内販売を開始いたしました。M3Oは、1994年の創業以来、一貫して BPM製品の開発と提供に取り組んできたビトリアの集大成とも言える製品であり、以下の点で大きくお客様のシステム開発に貢献することができます。

1. 業務ユーザとIT部門がBPMN(ビジネスプロセスモデル記述法)を用いて共同作業を行えるため、短期間に開発すべきシステムの仕様を決定できる。
2. 開発後もBPMNを用いて最適化できるため、業務システムの改善を高速化でき、BPMの効果を最大限に活用できる。


【M3Oの最大の特徴】
●業界初のWeb2.0対応のBPM製品:
業務の要件を知るビジネスユーザが、インストール不要、ブラウザベースで稼動するM3Oの設計環境を使い、業務プロセスの作成、管理、モニター、最適化を直接行うことができます。IT部門とシームレスに設計を共有できるため、ビジネスの変化に対してより迅速でより適切な対応が可能となり、開発サイクルのさらなる短縮化やコスト削減が実現できます。

●ビジネスプロセスの記述法であるBPMNをそのまま動作可能:
BPMNで記述したモデルをコンバートせずに、システム統合や新規業務の実装に用いることができます。また、その設計情報とダイレクトに結びついた実行管理、モニタリング、最適化環境までトータルに装備しており、BPM開発でもっとも重要な設計から改善までのライフサイクルの高速化をフルにサポートできます。

本製品について詳しくお知りになりたい方は、是非、下記「M3O概論コース」にご参加ください。


【日時・場所】
開催日: 2008年8月27日(水)
開催時間: 13:30~17:00
場 所: リージャス赤坂アークヒルズ 会議室「伊勢」 >>地図はこちら (リンク »)
受講料: 無料(必ず事前申込みのこと)
コース内容: ビトリア社の新製品M3Oがもたらす、新しい業務プロセスの設計・実装・管理・改善方法について、実際のソフトウェアを使用して例題を交えながら開発方法の詳細まで説明いたします。また、プロセスを設計して動かし、モニタリングして改善を行うまでの手順もお見せします。実際にソフトウェアを使用する時間帯も設けたいと考えております。
対象者: - 業務企画担当者、業務改善担当者など、業務の改革・改善を行う方。
- ITシステムの企画担当者、IT基盤担当者、プロジェクトマネージャ、
- プロジェクトリーダなどのITシステム開発に関わる方。
持参すべきもの: お申込みの方に、別途お知らせいたします。

【お申し込みはこちらから】→ (リンク »)

関連情報へのリンク »

ビトリア・テクノロジー株式会社の関連情報

ビトリア・テクノロジー株式会社

ビトリア・テクノロジー株式会社の記事一覧へ

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

SpecialPR