OpenGL ESプログラミング 基礎コース

株式会社ディジタルメディアプロフェッショナル 2008年11月27日

開催場所: 東京

開催日:  2009年1月28日~1月29日

申込締切日: 2009年1月26日

Khronos Groupが仕様策定を行っている組込み用途(アミューズメント機、カーナビゲーション、携帯電話、ゲーム機、デジタル家電など)向けグラフィックスAPIであるOpenGL ES (OpenGL for Embedded Systems) を使ったプログラミングについて、基礎的なトピックを中心に実習を交えながら講習いたします。

■学習項目

1日目:
 (1)はじめに
 (2)OpenGL ES概要
 (3)EGLについて
 (4)プリミティブの描画
 (5)ビューポートの設定
 (6)変換
 (7)デプスバッファ
 (8)シーンの描画
 (9)アニメーション
 (10)視野
 (11)ライティング(Ⅰ)
 (12)ライティング(Ⅱ)
 (13)まとめ

2日目:
 (14)ブレンディング
 (15)ピクセル・オペレーション
 (16)テクスチャマッピング(Ⅰ)
 (17)フォグ
 (18)フレームバッファ・オペレーション
 (19)バッファ・オブジェクト
 (20)拡張:ポイントスプライト
 (21)拡張:マトリックスパレット
 (22)その他のTips
 (23)まとめ

■到達目標
本コースの修了後、以下が達成できる事をを目標としています。
① OpenGL ESのアーキテクチャ、実装プラットフォームに関する概要を理解する。
② OpenGL ES1.1を使って作成されたプログラムを理解することができる。
③ OpenGL ES1.1を使った、組込みシステム向け3Dグラフィックスアプリケーションを作成できる。

■受講者レベル
C言語での簡単なプログラミング経験のある方。OpenGLなどを使った3Dグラフィックスプログラミング経験は必要ありません。また、ベクトルや行列など線形代数の基本概念を使用する事がありますが、予備知識は特に必要ありません。

■定員
12名(先着順)

■受講料
一般:49,560円(税込、1名様2日間)
Khronosメンバー:45,000円(税込、1名様2日間)

■申込方法
詳細は下記URLをご参照ください。
(リンク »)

関連情報へのリンク »

株式会社ディジタルメディアプロフェッショナルの関連情報

株式会社ディジタルメディアプロフェッショナル

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

SpecialPR

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つ
    プレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!

  • ビジネスの継続的な成長を促す新たなITのビジョン

    多くの企業においてITに求められる役割が、「守り」のコスト削減から「攻め」のビジネス貢献へとシフトしつつある。その中でIBMが提唱する新たなビジョンEnterprise Hybrid ITとは?