編集部からのお知らせ
解説集:台頭するロボット市場のいま
解説集:データ活用で考えるデータの選び方

Oracle Performance Tuning Tips 10   ~ 性能改善作業を楽々に、より効果的に ~

日本エクセム株式会社

2011-09-08

開催場所: 東京

開催日:  2011-12-09

申込締切日: 1970-1-1

性能管理の面でOracle管理機能の自動化が進んでいく一方で、よりパワフルで細かい機能も共に強化されています。当然ながらOracleエンジニアにはそのような機能を熟知して活用できることが求められていますが、忙しい日常の業務の中でそのスピードに付いていくのはなかなか簡単ではありません。 本セミナーでは、あまり知られてはいないが性能改善作業において効果的な機能と活用例を紹介します。また、このような性能改善作業を行うため日常作業として常に実施すべき、DB稼働情報の収集作業に有効なツールを紹介します。



Oracle Performance Tuning Tips 10

・SQL文を変更出来ない時のチューニング手法
・大量のデータを簡単に削除する方法
・「BUFFER_POOL KEEP」機能を使うべき場面
・抽出カラムを追加すると実行計画が変わる?
・統計情報収集による集中的なハードパース問題
・Grantがカーソルを無効にする、気をつけよう
・Nosegment 索引 vs. Invisible 索引
・バインドピークとAdaptive Cursor Sharing
・dbms_xplan活用
・検証テストの自動化

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

Special PR

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. クラウドコンピューティング

    AI導入に立ちはだかる「データ」「複雑さ」「コスト」「人材」の壁をどう乗り切ればいいのか?

  2. クラウドコンピューティング

    【IDC調査】2026年には75%のアプリがAIを実装!導入で遅れた企業はどう“逆転”すべきか?

  3. 運用管理

    経産省調査で明らかに:未だにレガシーシステムを抱える企業が8割!オープン化でよくある課題とは?

  4. 運用管理

    AWS東京リージョンの大規模障害に学ぶ、パブリッククラウド上のシステムの迅速な復旧方法

  5. windows-server

    【ユースケース】ソフトウェア開発にDell EMCインフラ+コンテナを使うメリット

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]