編集部からのお知らせ
解説集:台頭するロボット市場のいま
解説集:データ活用で考えるデータの選び方

製造業様向け業務プロセス改革セミナー

株式会社フェアウェイソリューションズ

2010-11-22

開催場所: 東京

開催日:  2010-12-07

申込締切日: 1970-1-1

【製造業経営層の皆様へ 】

多くの消費財製造業の企業様において、“生産部門” の業務効率化は既に長年取り組まれているテーマです。しかし、販売部門との連携において、様々な課題は解決されないまま、残されているのではないでしょうか。特に、生産側で「何を、いつまでに、いくつ作るか」の決定プロセスは、リアルタイムで変化する市場に連動しているとは言い難く(月次や週次の総量で計算されていませんか?)、実需とのズレを吸収するために、過剰生産が行われ、流通在庫が膨れ上がる…という悪循環を招いています。

・流通在庫を適正化したい
・デッドストックを防止したい
・需給調整業務を合理化したい
・計画サイクルを短縮したい

このような、製造業様共通の課題への解決策は、これまで各社様それぞれが独自のシステム開発で膨大な投資をされてきました。しかし私共は、この領域には、合理的な業務のプロセスを『PSI業務モデル』としてご提供することが可能だと考えております。本セミナーでは、「生産管理か?需給調整か?」と題し、需要変化の激しい現代に、厳密に実需に基づいた必要量を算出し、短サイクルで計画を見直し、流通在庫の異常を予知して早期の対策を打つための、需給調整―PSIシステム化の重要性を説き、その実現方法をご紹介します。真剣な課題解決の場にしたいとの思いから、講師含めて10名様以内の小規模セミナーです。ご来場社様が、より合理的な業務体制・プロセスへと変革するお手伝いが出来ることを願っております。ご多用の折とは存じますが、本年最後の弊社セミナーに、是非ご来場賜りますよう宜しくお願い申し上げます。

株式会社フェアウェイソリューションズ
プロダクトマーケティング部

【実施概要】
第一部 セミナー “生産管理か?需給調整か? ”

 生産計画の「予定」と「実行」/生産計画立案時、いかに実需を吸い上げるか?
 流通在庫の完全照合とは/階層化された拠点における計算方法
 欠品を事前に予知する/緊急の生産要請をシステム化する

第二部 操作体験会 φ-Conductor PSI 製造業モデル

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

Special PR

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. クラウドコンピューティング

    AI導入に立ちはだかる「データ」「複雑さ」「コスト」「人材」の壁をどう乗り切ればいいのか?

  2. クラウドコンピューティング

    【IDC調査】2026年には75%のアプリがAIを実装!導入で遅れた企業はどう“逆転”すべきか?

  3. 運用管理

    経産省調査で明らかに:未だにレガシーシステムを抱える企業が8割!オープン化でよくある課題とは?

  4. 運用管理

    AWS東京リージョンの大規模障害に学ぶ、パブリッククラウド上のシステムの迅速な復旧方法

  5. windows-server

    【ユースケース】ソフトウェア開発にDell EMCインフラ+コンテナを使うメリット

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]