編集部からのお知らせ
解説集:台頭するロボット市場のいま
解説集:データ活用で考えるデータの選び方

Google Apps/Zoho連携アドオンツールセミナー(10/26東京)/顧客管理・請求書の作成法を紹介

ゾーホージャパン株式会社

2011-09-15

開催場所: 東京

開催日:  2011-10-26

Zohoは単独のサービスとしても充実した機能を備えていますが、Google Appsとの連携機能も備えています。Google AppsとZohoを組み合わせて利用すると、Google Appsの機能に加え、顧客管理、営業支援、請求管理、採用管理、プロジェクト管理、データベースアプリケーション作成、ワークフロー、掲示板、データ分析、デスクトップ共有などのZohoの機能もシームレスに利用できます。これによって、幅広い領域の業務をクラウドで進めることが可能になります。
連携させると、Google AppsのアカウントでZohoにサインインできます。Google Appsにさえサインインしていれば、わざわざZohoにサインインし直す必要はありません。また、Google Appsの画面上部のメニューから、各Zohoサービスにアクセスできます。Google Appsを利用中にすぐにZohoにアクセスできます。

本セミナーでは、Google Apps にアドオン可能な、Google Apps Marketplace の中で、よりすぐりのアプリケーションを一挙ご紹介します。

Zoho CRM:顧客管理・営業管理CRMツール
Zoho Creator:業務システム構築ツール(ノーツやExchangeリプレイスに活用可能)
Zoho Discussions:社内ディスカッション・フォーラム構築ツール
組織カレンダー for Google Apps : Google カレンダー拡張ツール
Myポータル for Google Apps:Myトップページ作成ツール
OffiSync : Google ドキュメントをオフィス製品で編集ツール
Gantter Project:プロジェクト管理ツール
KINGSOFT Office:既存オフィス製品互換ソフトウェア

対象レベル:Google Appsを検証中のお客様、Google Apps導入済みのお客様、Google Apps へリプレイスを検討中のお客様

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

Special PR

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]